"NSCA-CPT試験対策"▶︎教材一覧まずはここから

【手順③】MetaMask(メタマスク)のウォレットを作成する方法

こちらのページではMetaMask(メタマスク)のウォレットを作成する方法についてわかりやすく解説していきます。

メタマスクを簡単に説明すると

暗号資産を保管するためのお財布のこと

メタマスクには、パソコンからChromeにダウンロードして利用するものと、スマホのアプリで利用するもの二つ種類がありますが、今回はChromeにダウンロードする方法について解説していきます。

K所長

アプリを利用する人も設定内容は同じなので、一緒にやっていきましょう。

スポンサーリンク

目次

STEP1.MetaMask(メタマスク)の公式サイトへアクセス

まずはメタマスクの公式サイトへアクセスします。

https://metamask.io

画面を開いたら、左下にある「Download for Chrome」ボタンをクリックします。(Braveブラウザをお使いの場合はDownload for Braveの表記になります)

STEP2.メタマスクをインストール

「Chromeに追加」ボタンをクリック

「拡張機能を追加」ボタンをクリック

これでメタマスクがPCにインストールされました。

STEP3.パスワードの設定

続けてパスワードの設定をしていきます。

「開始」ボタンをクリック

最初に”品質向上へのご協力のお願い”が出てきますので、問題なければ「同意する」をクリックして先に進みます。

新規でウォレットを作るので、「ウォレットの作成」をクリック

任意のパスワードを入力し、利用規約にチェックを入れましょう。

「作成」ボタンをクリック

「次へ」ボタンをクリック

STEP4.シークレットリカバリーフレーズの確認

この画面が開いたら、中央の暗くなっている部分をクリックしてシークレットリカバリーフレーズを表示します。

出てきた単語を順番通りに大切に保管しましょう。

PCのメモではなく『紙に書いて保存』しておくと良いです。

🌟超重要🌟

シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)はウォレットを守る上で最も大切な金庫の鍵だと思っておきましょう。この単語の羅列は、絶対に誰にも教えてはいけません。DMなどで聞いてきたら詐欺!!

シークレットリカバリーフレーズをメモしたら「次へ」ボタンをクリック

先ほどメモした単語の羅列を並べていきましょう。

正しく並べたら「確認」ボタンをクリック

これで全ての作業が完了です。

「すべて完了」ボタンをクリックします。

これでウォレットが使えるようになりました🌟

最初にやっておくと便利な設定

ついでに、メタマスクを簡単に開けるよう設定しておきましょう。

「Google Chrome」の画面右上に出てくる「拡張機能」ボタンをクリック

リストの中にあるメタマスクのピンを選択して固定しましょう。

すると、「拡張機能」ボタンの隣にメタマスクアイコンが固定されます。

これをクリックすることで、いつでもメタマスクを開くことができます。

K所長

さっそく取引所で買ったETHをウォレットに送金してみましょう。

NFTの始め方|手順①〜⑥

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次