>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

NSCA-CPTを独学で勉強する方法 / 丸暗記すべきもの一覧⑵

NSCA-CPT資格試験を独学で勉強するなら

これだけは丸暗記して覚えるべき基本知識の第二弾!!

ぜひ活用してみてください!

 

☆勉強時にあると便利なもの☆

スポンサーリンク

目次

NSCA-CPT資格試験問題 / 丸暗記すべきもの一覧

RPE(主観的運動強度)

評価説明
1全く努力なし
2ほとんど努力無し
3非常に楽である
4楽である
5中程度
6ややきつい
7きつい
8かなりきつい
9非常にきつい
10最大努力

ストライド長を伸ばす方法

  • 上り坂走
  • レジスティッドスプリント(砂袋を持つなど)
  • プライオメトリックトレーニング

筋力やパワーを高める

 

ストライド頻度を高める方法

  • 下り坂
  • アシスティッドスプリント(下り坂スプリント)
  • トレッドミルなどを用いて最大速度以上で走る

100% 以上のスピードで走ってピッチを高める

 

エクササイズの種類

<パワーエクササイズ >
ストラクチュアルエクササイズの中で、爆発的な動作で行われる種目

<ストラクチュラルエクササイズ >
コアエクササイズ(関節が2つ以上動く)の中で、垂直方向に負荷がかかる種目

<コアエクササイズ >
関節が2つ以上動く種目

<補助エクササイズ >
関節が1つしか動かない種目

トレーニングメニューの種類

<セット法 >
パワーエクササイズ→ストラクチュアルエクササイズ→コアエクササイズ→補助エクササイズの順に鍛える基本の方法

<コンパウンドセット法 >
同じ部位の筋肉を連続して鍛える方法

<スーパーセット法 >
主動筋のあとに拮抗筋を鍛える(交互に鍛える)方法

バルサルバ法を使用する種目

  • 脊柱に対して垂直に負荷がかかる種目
  • 下背部に負荷がかかる種目

てこについて

< 第一のてこ >
支点を挟んで反対側に筋力と抗力が作用するてこ

< 第二のてこ >
筋力と抗力が支点からみて同じ側に作用し、筋力のモーメントアームが抗力より長いてこ

< 第三のてこ >
筋力が支点と抗力の間にあるもの。筋力より抗力のモーメントアームが長いため、抗力より大きい力発揮が必要

(公式テキストp717)

皮脂圧測定について

< 胸部 >
中間を斜めにつまむ

< 腋窩(脇の下)>
垂直につまむ

< 上腕背部 >
中間を垂直につまむ

< 肩甲下部 >
1〜2cm 下を斜めにつまむ

< 腹部 >
約2cm 離れた部位を垂直につまむ

< 腸骨上部 >
斜めにつまむ

< 大腿部 >
大腿部前面中間を垂直につまむ

< 下腿内側部 >
クライアントの膝を90°曲げてベンチに乗せる。
内側を垂直につまむ.

BMIの分類について

分類BMI
標準18.5~24.5
体重過多(過体重)25.0~29.9
肥満度Ⅰ30.0~34.9
肥満度Ⅱ35.0~39.9
肥満度Ⅲ40.0以上

プログラムプラン

解剖学的面について

  • <矢状面> 身体を左右に分ける面
  • <前額面> 身体を前後に分ける面
  • <水平面>身体を上下に分ける面

体力テスト項目の行う順番

<競技パフォーマンス>
  1. 安静時テスト
  2. 非疲労性テスト
  3. アジリティテスト
  4. 最大パワー、最大筋力
  5. スプリントテスト
  6. 局所持久力テスト
  7. 無酸素性テスト
  8. 有酸素能力テスト
<一般的体力>
  1. 安静時テスト(例:血圧、身長、体重)
  2. 非疲労性テスト(例:柔軟性、バランス)
  3. 筋力テスト
  4. 局所筋持久力テスト(例:局所カールアップテスト、YMCAベンチプレステスト)
  5. 最大下の有酸素性能力テスト(例:ステップテスト、自転車エルゴメータテスト)

体力テスト項目の問題で頻出のテスト例

項目具体的なテスト例
1.安静時テスト安静時心拍数、血圧、身長など
2.非疲労性テスト柔軟性、垂直跳び、シット&リーチ
3.アジリティテストTテスト
4.最大パワー、最大筋力1RMベンチプレス
5.スプリントテスト40mスプリント
6.局所持久力テスト1分間シットアップ
7.無酸素性テスト300ヤードシャトルラン
8.有酸素能力テスト2.4km走

冠状動脈の危険因子について

上記の危険因子が、

  • 一つ以下しかない者は低い危険性
  • 二つ以上ある者は中程度の危険性
  • 心臓血管系の疾患やその兆候がある者、心雑音やめまいや失神などの徴候がある者は高い危険性(何か疾患を持っている場合は危険性が高い)
  • <陰性>に当てはまる場合-1

栄養素のもつエネルギー

タンパク質1gあたり4kcal
糖質1gあたり4kcal
脂質1gあたり9kcal

エクササイズ時の筋肉

  • <主働筋>エクササイズでメインとして働く筋肉
  • <共同筋>エクササイズで主働筋と共同して働く筋肉
  • <拮抗筋>ブレーキの役割を担う主働筋と反対の働きをする筋肉
  • <安定筋>必要に応じて骨を固定する働きをする筋肉

体循環と肺循環の経路

  • <体循環>左心室→大動脈→全身→大静脈→右心房
  • <肺循環>右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房

骨格筋の構造

神経細胞

基本の筋

本記事のまとめ

以上、独学でNSCA-CPT資格試験の勉強を進める上で丸暗記すべきもの一覧②でした。

 

おすすめの使い方は、自分専用の勉強ノートに書き写して毎日持ち歩くこと!

もしくは、このページをブックマークやスマホのホーム画面に登録していつでも復習できるようにしておきましょう。

通勤・通学の合間などスキマ時間を有効活用してサクッと覚えちゃいましょう!

それではまた!

その他の画像問題や超基本の問題が持ち運べる問題集はこちら↓

     

>>超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】

    

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次