>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第5章】NSCA-CPT分野別問題集<レジスタンストレーニングへの適応>

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第5章】NSCA-CPT分野別問題集<レジスタンストレーニングへの適応>

第1問

一般的に男性の方が女性よりも筋力が強いのはどのような要因か

A.筋量

B.ホルモン量

C.力発揮能力差

第2問

レジスタンストレーニングによるオーバートレーニングの兆候は次のうちどれか

A.筋量の増加

B.食欲増進

C.睡眠障害

第3問

ディトレーニングについて正しく述べているものは次のうちどれか

A.トレーニングを中止した際におこる筋力の減少

B.トレーニング継続中の筋力の低下

C.トレーニングを中止した際におこる筋力の一時的な増加

第4問

一定の筋量当たりの力の発揮能力について正しく述べているものは次のうちどれか

A.男性の方が大きい

B.女性の方が大きい

C.性別による影響はない

第5問

レジスタンストレーニングを開始して少しすると、筋力が急激に増加した。どのような要因によるものか

A.筋サイズの変化

B.神経系の機能の変化

C.筋質の変化

第6問

レジスタンストレーニングに対する長期的適応として適切でないものはどれか

A.筋持久力の増加

B.筋肥大

C.ATPの絶対量の減少

第7問

クライアントは「疲れと過度な筋肉痛がある」という。何が要因か

A.ディトレーニング

B.オーバートレーニング

C.栄養失調

第8問

レジスタンストレーニングに対する短期的な反応として適切なものはどれか

A.運動単位の発火頻度増加・動員数の増加

B.グリコーゲン濃度の増加

C.筋肥大

第9問

骨格系の変化について適切なものはどれか

A.レジスタンストレーニングによって骨密度は増加する。

B.脊柱方向に負荷のかかるエクササイズは骨密度の増加に効果的ではない。

C.骨密度の低下は体重を支える活動が多いことが要因の一つ

第10問

骨粗鬆症の不安があるクライアントに対して最も効果的なエクササイズはどれか

A.ランジ

B.ダンベルベンチプレス

C.ラットプルダウン

【第5章】まとめ

公式テキストに記載の第5章まとめを引用します。

 レジスタンストレーニングは、大きな影響を及ぼす生理的刺激である。筋、骨、神経、ホルモン、結合組織を始め、身体のほとんどすべてのシステムにかなりの影響を及ぼす。レジスタンストレーニングは万能薬ではないが、その効果はほぼ例外なく有益である。パーソナルトレーナーは、すべてのクライアントに対し、積極的にレジスタンストレーニングプログラムに取り組むことを推奨すべきである。その利点として、外見が良くなり、身体組成が改善され、筋力とパワー、筋持久力が増加し、骨と結合組織が強化されることなどが挙げられる。こうした変化はQOLを向上させ、加齢による筋量減少による有害な影響を減少させ、骨粗鬆症を低減する可能性など、明らかに健康への利益をもたらす。さらに筋力、持久力、パワーといった筋にかかわる機能が向上することで日常生活の動作が改善される可能性があり、食料品を運んだり、タイヤを交換したりといった作業を容易に行なうことができるようになる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

勉強に加えてトレーニングのモチベーションが上がる分野ですね。

【第5章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次