>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第4章】NSCA-CPT分野別問題集<バイオメカニクス>

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第4章】NSCA-CPT分野別問題集<バイオメカニクス>

第1問

平泳ぎのストロークにおけるエクササイズ動作は次のうちどれか

A. 前額面

B. 水平面

C. 矢状面

第2問

テニスのフォアハンドにおけるエクササイズ動作は次のうちどれか

A. 前額面

B. 水平面

C. 矢状面

第3問

トレーニングをするときに、ラグビー選手が鍛えるべき特定の解剖学的面はどれか

A.水平面

B.前額面

C.特定の動きではない

第4問

ブレーキの役割を担う主働筋と反対の働きをする筋肉を何というか

A.共同筋

B.拮抗筋

C.安定筋

第5問

支点を中心として物体を回転させる力の大きさを何という

A.トルク

B.回転軸量

C.パワー

第6問

筋が力を発揮していて筋長に変化がない活動を何というか

A.等尺性筋活動(アイソメトリック)

B.等張性筋活動(アイソトニック)

C.等速性筋活動(アイソキネティック)

第7問

オープンキネティック チェーン・エクササイズはどれか

A.スタンディングバーベルカール

B.プッシュアップ

C.スクワット

第8問

クローズド・キネティックチェーンエクササイズはどれか

A.ダンベルアームカール

B.バーベルベンチプレス

C.ダンベルベンチプレス

第9問

シットアップの解剖学的面の動きはどれか

A. 前額面

B. 水平面

C. 矢状面

第10問

ベンチプレスの解剖学的面の動きは何の動きか

A. 前額面

B. 水平面

C. 矢状面

【第4章】まとめ

公式テキストに記載の第4章まとめを引用します。

 バイオメカニクスの基本原理を理解することは、傷害を予防しつつ、期待されるトレーニング効果をもたらすエクササイズ方法を理解するために重要である。バイオメカニクスの確固とした基礎知識を有するパーソナルトレーナーは、トレーニング目標を立て、クライアントの身体能力を向上させる効果的で効率的なエクササイズプログラムを処方することができるといえる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

【第4章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次