【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第23章】NSCA-CPT分野別問題集【アスリートを対象にしたレジスタンストレーニング】

分野別問題集

本記事は、NSCA-CPT分野別問題集【第23章】です。【第1章】はこちら

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておくと便利です!

解答&解説はこちら

スポンサーリンク

【第23章】NSCA-CPT分野別問題集【アスリートを対象にしたレジスタンストレーニング】

第1問

1.重量挙げの選手の試合・ピーキング期におけるレジスタンストレーニングでのレップ数として適切なものはどれか

A.1~2レップ

B.4~6レップ

C.8~10レップ

第2問

2.トレーニングサイクルの中でレジスタンストレーニングプログラムに計画的な変化を与えるための体系的な方法をなんというか

第3問

3.次の内容に最も適するものは次のうちどれか

「スポーツに特異的な筋力/パワーエクササイズを少量かつ高強度で行なうことにより、力発揮のスピードやパワーを高める。」

A.筋肥大期

B.筋力/パワー期

C.積極的休養期

第4問

4.砲丸投げの選手は、大会に向けてピーキングをしたい。レジスタンストレーニングのレップ数として最も適切なものはどれか

A.1~2レップ

B.4~6レップ

C.8~10レップ

第5問

5.短いサイクルから長いサイクルまで並べた時に、正しい順番は次のうちどれか

A.メゾサイクル-ミクロサイクル-マクロサイクル

B.ミクロサイクル-メゾサイクル-マクロサイクル

C.マクロサイクル-メゾサイクル-ミクロサイクル

【第23章】まとめ

公式テキストより引用

 すべてのアスリートに同じように有効な単一のワークアウトは存在しない。したがって、トレーニングプログラムは、既存のエクササイズサイエンスの知識(例:特異性の原理や過負荷の原理の適用)と、個々のアスリートに合わせたエクササイズプログラムを管理する上で実際に必要な条件との調和を図らなければならない。この目的のために、パーソナルトレーナーは、アスリートのニーズにも競技に特異的な要求にも応えうる、期分けされたレジスタンストレーニングプログラムを計画することができる。(NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版)

【第23章】解答&解説

▼解答&解説はこちら▼

https://gf-laboratory.com/【第23章】解答&解説【アスリートを対象にしたレ/

また、HOME上部のメニューより、NSCA-CPT→分野別問題集-解答&解説をクリックすると、解答&解説の一覧がご確認いただけます。(モバイル版をご利用の方は下部のメニューバーよりご確認ください)

▼合わせて読みたい▼


コメント

タイトルとURLをコピーしました