【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第21章】NSCA-CPT分野別問題集【整形外科的疾患や傷害を有するクライアントとリハビリテーション】

分野別問題集

本記事は、NSCA-CPT分野別問題集【第21章】です。【第1章】はこちら

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておくと便利です!

解答&解説はこちら

スポンサーリンク

【第21章】NSCA-CPT分野別問題集【整形外科的疾患や傷害を有するクライアントとリハビリテーション】

第1問

1.肩を上げて行くとある角度で痛みや引っ掛かりを感じ、それ以上挙上できなくなる症状の総称を何というか

A.インピンジメント症候群

B.前方不安定性

C.筋挫傷

第2問

2.インピンジメント症候群のクライアントがダンベルフライを行う上で修正すべき点は次のうちどれか

A.腕を外旋する

B.少し腕を内転させる

C.少し腕を外転させる

第3問

3.サイドレイズを行なってローテーターカフを痛めた。どの筋を痛めていると思われるか。

A.小円筋

B.棘上筋

C.棘下筋

第4問

4.腰椎屈曲が著しく生じるエクササイズを避けるべき診断は次のうちどれか?

A.椎間板ヘルニア

B.脊椎分離症

C.脊椎すべり症

第5問

5.股関節全置換術後6週間の動作制限として誤っているものはどれか

A.股関節を60°以上屈曲しない

B.股関節を中間位以上に内転しない

C.股関節を内転しない

【第21章】まとめ

公式テキストより引用

 パーソナルトレーナーは、エクササイズに修正を加えたアプローチが必要な傷害の経験や手術を受けた経験を有する非常に広範囲のクライアントと仕事をする。こういった人たちにエクササイズプログラムを計画する場合は、傷害の基本的分類とすべての筋骨格系の組織が辿る組織修復の過程を理解することが重要である。パーソナルトレーナーとほかの健康管理の専門職が情報を共有して協力していくなかで、これらの組織修復の過程や個々の傷害、手術手順、疾患の過程に精通することが、これらのクライアントに対して安全で適切なエクササイズプログラムを実施する上で、パーソナルトレーナーの手助けとなるだろう。(NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版)

【第21章】解答&解説

▼解答&解説はこちら▼

https://gf-laboratory.com/【第21章】解答&解説【整形外科的疾患や傷害を有/

また、HOME上部のメニューより、NSCA-CPT→分野別問題集-解答&解説をクリックすると、解答&解説の一覧がご確認いただけます。(モバイル版をご利用の方は下部のメニューバーよりご確認ください)

▼合わせて読みたい▼


コメント

タイトルとURLをコピーしました