>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第19章】NSCA-CPT分野別問題集【栄養と代謝に問題を抱えるクライアント】

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第19章】NSCA-CPT分野別問題集【栄養と代謝に問題を抱えるクライアント】

第1問

LBM とは何か

A.体格指数

B.徐脂肪体重

C.体重過多

第2問

BMI の数値が27 である時、肥満の分類は何に値するか
A.体重過多
B.肥満度Ⅰ
C.肥満度Ⅱ

第3問

BMI の数値が31である時、肥満の分類は何に値するか

A.体重過多

B.肥満度Ⅰ

C.肥満度Ⅱ

第4問

肥満のクライアントで避けたいエクササイズは次のうちどれか

A.水泳

B.サイクリング

C.ジョギング

第5問

摂食障害のクライアントは身体作りのためにトレーニングを始めたい。どうするべきか

A.適切なトレーニングプランを一緒に考える

B.なるべく強度の低いエクササイズから始める

C.医師に相談する

第6問

摂食障害の疑いのあるクライアントは、夏に向けた体作りとしてレジスタンストレーニングを行いたいという。しかし、医師の診察は受けたくないと言う。どうするべきか

A.適切なトレーニングプランを一緒に考える。

B.なるべく低強度のエクササイズから始める

C.トレーニング指導は行わない

第7問

神経性過食症の危険信号として適切でないものはどれか

A.運動不足

B.自己誘発性嘔吐

C.緩下剤、利尿剤、浣腸の使用

第8問

摂食障害が引き起こす女性アスリートに起こりやすい3つの障害を挙げなさい

【第19章】まとめ

公式テキストより引用

 パーソナルトレーナーは、健康的な食事と適切に計画されたエクササイズプログラムの継続的な実施により、肥満、摂食障害、高脂血症、糖尿病のクライアントが体力と健康の目標を達成するのを助ける、きわめて重要な役割を果たすことができる。パーソナルトレーナーは、クライアントの成功を保証するために、医師や栄養士と連携して働くことの価値を深く考慮するべきである。そうすることで、パーソナルトレーナーはクライアントの健康管理チームの一員として重要な役割を担うことができる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

知識でカバーできる問題は確実に抑えておきましょう!

【第19章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次