【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第19章】NSCA-CPT分野別問題集【栄養と代謝に問題を抱えるクライアント】

分野別問題集

本記事は、NSCA-CPT分野別問題集【第19章】です。【第1章】はこちら

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておきましょう!

解答&解説はこちら

スポンサーリンク

【第19章】NSCA-CPT分野別問題集【栄養と代謝に問題を抱えるクライアント】

第1問

1.LBM とは何か

A.体格指数

B.徐脂肪体重

C.体重過多

第2問

2.BMI の数値が27 である時、肥満の分類は何に値するか
A.体重過多B.肥満度ⅠC.肥満度Ⅱ

第3問

3.BMI の数値が31である時、肥満の分類は何に値するか

A.体重過多

B.肥満度Ⅰ

C.肥満度Ⅱ

第4問

4.肥満のクライアントが最初に行う減量プログラムについて、最も適切なものはどれか

A.6ヶ月で体重の10%減量を目指す

B.6ヶ月で体重の20%減量を目指す

C.6ヶ月で体重の30%減量を目指す

第5問

5.肥満のクライアントに適切でないエクササイズは次のうちどれか

A.水泳

B.サイクリング

C.ジョギング

第6問

6.摂食障害のクライアントは筋力向上のためにトレーニングを始めたい。どうするべきか

A.適切なトレーニングプランを一緒に考える

B.先に栄養指導を行う

C.医師に相談する

第7問

7. 摂食障害の疑いのあるクライアントは、夏に向けた体作りとしてレジスタンストレーニングを行いたいという。しかし、医師の診察は受けたくないと言う。どうするべきか

A.適切なトレーニングプランを一緒に考える。

B.なるべく低強度のエクササイズから始める

C.トレーニング指導は行わない

第8問

8.糖尿病のクライアントがトレーニング中に低血糖を起こした。トレーナーの対応として適切なものはどれか

A.スポーツドリンクを多めに飲ませる

B.ブドウ糖タブレット3~4個

C.何もせず様子を見守る

第9問

9.神経性過食症の危険信号として適切でないものはどれか

A.運動不足

B.自己誘発性嘔吐

C.緩下剤、利尿剤、浣腸の使用

第10問

10.摂食障害が引き起こす女性アスリートに起こりやすい3つの障害を挙げなさい

【第19章】まとめ

公式テキストより引用

 パーソナルトレーナーは、健康的な食事と適切に計画されたエクササイズプログラムの継続的な実施により、肥満、摂食障害、高脂血症、糖尿病のクライアントが体力と健康の目標を達成するのを助ける、きわめて重要な役割を果たすことができる。パーソナルトレーナーは、クライアントの成功を保証するために、医師や栄養士と連携して働くことの価値を深く考慮するべきである。そうすることで、パーソナルトレーナーはクライアントの健康管理チームの一員として重要な役割を担うことができる。(NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版)

知識でカバーできる問題は確実に抑えておきましょう!

【第19章】解答&解説

▼解答&解説はこちら▼

https://gf-laboratory.com/【第19章】解答&解説【栄養と代謝に問題を抱える/

また、HOME上部のメニューより、NSCA-CPT→分野別問題集-解答&解説をクリックすると、解答&解説の一覧がご確認いただけます。(モバイル版をご利用の方は下部のメニューバーよりご確認ください)



コメント

タイトルとURLをコピーしました