>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第18章】NSCA-CPT分野別問題集【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第18章】NSCA-CPT分野別問題集【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

第1問

加齢によって筋量が徐々に減少することを何というか

A.サルコペニア

B.メタボリック

C.ディトレーニング

第2問

高齢者について適当でないものはどれか

A.レジスタンストレーニングでは筋力・筋量の増加は難しい

B.持久力エクササイズを行うことで有酸素性能力は高まる

C.主な疾患として心臓血管系疾患、がん、糖尿病、骨粗鬆症などがある

第3問

青少年のトレーニングにおいて空欄に正しい言葉を入れなさい

さまざまな種目を(    )レップの(   )セット、週(   )回行う

第4問

高齢者の場合、より低下が大きいのは次のうちどちらか

A.持久力

B.瞬発力

第5問

妊娠3 ヶ月以上のクライアントに禁忌でないエクササイズは次のうちどれか

A.仰臥位でのエクササイズ

B.水泳

C.バルサルバ法を用いたレジスタンストレーニング

第6問

妊娠4ヶ月のクライアントのダンベルフライの代わりとして、最も適切なトレーニングはどれか

A.ダンベルベンチプレス

B.ケーブルフライ

C.ベンチプレス

第7問

青少年のレジスタンストレーニングのガイドラインで適切でないものはどれか

A.単関節、多関節種目のさまざまな種目を行う

B.週2~3回トレーニングを行うのが望ましい

C.さまざまな種目の6~15レップ3~5セットを基本とする

第8問

バランス能力の低い高齢のクライアントの場合、最初に行うトレーニングとして最も適切なものはどれか

A.マシンを使ったトレーニング

B.フリーウエイトトレーニング

C.ボールを使ったトレーニング

第9問

不適切な可能性があったため調整中です。(ご報告ありがとうございます)

第10問

妊婦が安全にエクササイズを行うためのガイドラインで適切でないものはどれか

A.エクササイズ開始前に医療機関に相談する

B.疲労とオーバートレーニングは避ける

C.妊娠5ヶ月以降は仰臥位でのエクササイズは止める

【第18章】まとめ

公式テキストより引用

 前青年期の子どもおよび青少年、高齢者、妊婦は、日常的な身体活動プログラムに参加して心肺機能や筋骨格系の機能を高め、維持するべきである。これら対象者に対するトレーニングの基本的な原理は、ほかの年代や能力の異なる人々と類似するが、それぞれ特別な配慮が必要である。パーソナルトレーナーは個々のニーズや関心事を理解し尊重することで、前青年期のこどもおよび青少年、高齢者、妊婦のニーズ、能力、要望に合った、安全で効率的かつ楽しい身体活動プログラムを計画することができる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

重大な事故につながる危険性があるので、個々のクライアントに合った安全なトレーニングを確実に抑えておきましょう。

【第18章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次