【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第18章】NSCA-CPT分野別問題集【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

分野別問題集

本記事は、NSCA-CPT分野別問題集【第18章】です。【第1章】はこちら

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておきましょう!

解答&解説はこちら

スポンサーリンク

【第18章】NSCA-CPT分野別問題集【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

第1問

加齢によって筋量が徐々に減少することを何というか

A.サルコペニア

B.メタボリック

C.ディトレーニング

第2問

高齢者について適当でないものはどれか

A.レジスタンストレーニングでは筋力・筋量の増加は難しい

B.持久力エクササイズを行うことで有酸素性能力は高まる

C.主な疾患として心臓血管系疾患、がん、糖尿病、骨粗鬆症などがある

第3問

青少年のトレーニングにおいて空欄に正しい言葉を入れなさい

(     )の負荷で、単関節、多関節種目の、さまざまな種目を(    )レップの(   )セット、週(   )回行う

第4問

高齢者の場合、より低下が大きいのは次のうちどちらか

A.持久力

B.瞬発力

第5問

妊娠3 ヶ月以上のクライアントに禁忌でないエクササイズは次のうちどれか

A.仰臥位でのエクササイズ

B.水泳

C.バルサルバ法を用いたレジスタンストレーニング

第6問

妊娠4ヶ月のクライアントのベンチプレスの代わりとして、最も適切なトレーニングはどれか

A.ダンベルベンチプレス

B.ケーブルフライ

C.ダンベルフライ

第7問

青少年のレジスタンストレーニングのガイドラインで適切でないものはどれか

A.単関節、多関節種目のさまざまな種目を行う

B.週2~3回トレーニングを行うのが望ましい

C.さまざまな種目の6~15レップ3~5セットを基本とする

第8問

バランス能力の低い高齢のクライアントの場合、最初に行うトレーニングとして最も適切なものはどれか

A.マシーンウエイトトレーニング

B.フリーウエイトトレーニング

C.自重でのトレーニング

第9問

子どものレジスタンストレーニング効果として誤っているものはどれか

A.動作スキルの発達

B.血中脂質の低下

C.骨密度の低下

第10問

妊婦が安全にエクササイズを行うためのガイドラインで適切でないものはどれか

A.エクササイズ開始前に医療機関に相談する

B.疲労とオーバートレーニングは避ける

C.妊娠5ヶ月以降は仰臥位でのエクササイズは止める

【第18章】まとめ

公式テキストより引用

 前青年期の子どもおよび青少年、高齢者、妊婦は、日常的な身体活動プログラムに参加して心肺機能や筋骨格系の機能を高め、維持するべきである。これら対象者に対するトレーニングの基本的な原理は、ほかの年代や能力の異なる人々と類似するが、それぞれ特別な配慮が必要である。パーソナルトレーナーは個々のニーズや関心事を理解し尊重することで、前青年期のこどもおよび青少年、高齢者、妊婦のニーズ、能力、要望に合った、安全で効率的かつ楽しい身体活動プログラムを計画することができる。(NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版)

重大な事故につながる危険性があるので、個々のクライアントに合った安全なトレーニングを確実に抑えておきましょう。

【第18章】解答&解説

▼解答&解説はこちら▼

https://gf-laboratory.com/【第18章】解答&解説【前青年期の子ども、高齢者/

また、HOME上部のメニューより、NSCA-CPT→分野別問題集-解答&解説をクリックすると、解答&解説の一覧がご確認いただけます。(モバイル版をご利用の方は下部のメニューバーよりご確認ください)


コメント

タイトルとURLをコピーしました