>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第16章】NSCA-CPT分野別問題集【有酸素性持久力トレーニングのプログラムデザイン】

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第16章】NSCA-CPT分野別問題集【有酸素性持久力トレーニングのプログラムデザイン】

第1問

RPE7の説明として最も適切なものは次のうちどれか

A.ややきつい

B.きつい

C.かなりきつい

第2問

明らかに健康な成人の場合、心臓血管系エクササイズの正しい強度は予備心拍数のどのくらいと考えられているか

A.30~40%

B.50~85%

C.85~100%

第3問

高強度のエクササイズと低強度のエクササイズを交互に行うプログラムのタイプをなんというか

A.インターバルトレーニング

B.ベース/テンポトレーニング

C.ロングスローディスタンストレーニング

第4問

インターバルトレーニングをする際の、運動:休息の比率として最も適切なものはどれか

A.1:2

B.2:1

C.1:4

第5問

ハーフマラソンのタイムで 21 km を2時間で完走したいと考えているクライアントに対し適切なLSDトレーニングはどれか

A.いつもより負荷の高いスクワットを行う

B.10分間のサーキットトレーニングを繰り返す

C.時速7kmのペースで21kmのランニング

【第16章】まとめ

公式テキストより引用

 クライアントの目標に見合った、心臓血管系および心肺系能力を向上させる有酸素性持久力トレーニングのプログラムデザインには注意深い考察と正確な計算が必要である。パーソナルトレーナーは強度、持続時間、頻度などの変数を調整する際に、クライアントの好みや長期的目標、現在のトレーニング状態など個人差について注意しなければならない。プログラムの変数を適切に調整すれば、ここのVO2maxの向上は遺伝的要素によってのみ制限を受ける。LSDトレーニング、ベース/テンポトレーニング、インターバルトレーニング、サーキットトレーニング、クロストレーニング、アームエクササイズ、有酸素性持久力トレーニングとレジスタンストレーニングの複合トレーニングなどの様々なトレーニング方法を取り入れることにより、身体は絶えず変化するプログラムに適応し続けなければならず、クライアントの体力レベルが向上し続けることになる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

【第16章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次