>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第11章】NSCA-CPT分野別問題集<体力テスト法と評価基準>

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第11章】NSCA-CPT分野別問題集<体力テスト法と評価基準>

第1問

以下の体力テストの項目を行う順番に並び替えなさい

・非疲労性テスト

・安静時テスト

・スプリントテスト

・無酸素性テスト

・局所持久力テスト

・アジリティテスト

・最大パワー、最大筋力

・有酸素能力テスト

第2問

血圧、身長などはどのテスト項目に分類されるか

A.非疲労性テスト

B.安静時テスト

C.アジリティテスト

第3問

Tテストはどのテスト項目に分類されるか

A.アジリティテスト

B.局所持久力テスト

C.有酸素能力テスト

第4問

次の体力測定項目のうち2 番目にくるテストはどれか

A.プッシュアップ

B.40m スプリント

C.T テスト

第5問

胸部の皮脂厚測定では男性は腋窩前線と乳頭の中間をどのようにつまむか

A.垂直

B.斜め

C.水平

第6問

下腿内側部の皮脂厚測定ではどのようにつまむか

A.内側を垂直

B.外側を斜め

C.内側を水平

第7問

股関節と下背部の柔軟性を測定するためによく用いられるテストはどれか

A.シット&リーチテスト

B.パーシャルカールアップテスト

C.プローン・ダブルストレート・レッグレイズテスト

第8問

パーシャルカールアップテストでは、床からどのくらいまで上体を起こすか

A.15°

B.30°

C.45°

第9問

自分の体重に対してどれだけの筋力があるかの値を何という

A.絶対的筋力指数

B.相対的筋力指数

C.重量比筋力指数

第10問

体重40kgのクライアントがベンチプレス60kgを持ち上げた。この時の相対的筋力指数を求めると、次のうちどれか。

A.0.8

B.1.2

C.1.5

【第11章】まとめ

公式テキストより

 一般に、パーソナルトレーナーは体力や運動能力が非常に異なる水準にあるクライアントと仕事をすることがあり、これはやりがいである。ベースライン(初期値)の評価を行なうために、パーソナルウトレーナーは心拍数、血圧、身体組成、心臓血管系持久力、筋力、筋持久力、そして柔軟性などの多様な体力要素をテストする。そして、そのテスト結果を既定の記述的または基準的データと比較する。そこから得られる結論によって、クライアントのエクササイズプログラムの基礎を形成することが可能になる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

【第11章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次