>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第1章】NSCA-CPT分野別問題集<筋系,神経系,骨格系,の構造と機能>

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第1章】NSCA-CPT分野別問題集<筋系,神経系,骨格系,の構造と機能>

第1問

細い筋フィラメントは次のうちどれか

A.アクチン

B.ミオシン

C.筋原繊維

第2問

筋の構成要素において、小さなものから正しく並んでいるものはどれか

A. 筋原線維→筋膜→筋フィラメント→筋線維

B. 筋フィラメント→筋原線維→筋線維→筋線維束

C. 筋線維束→筋線維→筋内膜→筋外膜

第3問

次の構成体のなかで大きい順に正しく並んでいるものはどれか

A. 筋→筋線維束→筋線維→筋原線維

B. 筋線維→筋線維束→筋原線維→筋

C. 筋→筋線維→筋線維束→筋原線維

第4問

自分が発揮できる力よりも重いものを持つと、筋と関節の損傷を予防するために腱の中のセンサーが、筋に力を弱めろと命令を送る。このセンサーの役割を果たすものは次のうちどれか

A. ゴルジ腱器官

B. 筋紡錘

C. 末梢神経

第5問

トレーニングにおいて特に重要な感覚器官ではないものはどれか

A.筋紡錘

B.ゴルジ腱器官

C.錘外繊維

第6問

運動単位の動員には、決まった順序がある。これを運動単位の動員におけるなんというか

A.発火頻度

B.サイズの原理

C.伸張反射

第7問

中程度の酸化的能力と無酸素性能力を持つ筋繊維タイプはどれか

A.SO線維

B.FOG線維

C.FG線維

第8問

神経系の最も基本的な単位はどれか

A.神経細胞

B.末梢神経

C.軸索

第9問

骨格筋の活動をつかさどる神経系はどれか?

A.感覚神経

B.自律神経

C.体性神経

第10問

有酸素性代謝によってATPを生み出すものはどれか?

A.ミトコンドリア

B.アクチン

C.筋原線維

【第1章】まとめ

公式テキストに記載の第1章まとめを引用します。

 簡単に言うと、運動は、神経系が筋を活性化させ、筋が骨とそれに付着する結合組織を引っ張ることで生じる。パーソナルトレーナーは各組織の構造と機能について十分な知識を持ち、運動におけるそれらの働きを理解しなければならない。この知識は、安全で効果的なエクササイズプログラムを実施する上で役立ち、また、様々な種類の身体活動を繰り返し行うことで生じる特異的な適応について理解するための基礎となる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

基本的な知識となる第1章。しっかりと暗記して対策していきましょう。

【第1章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次