【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【無料】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集③

試験対策問題集

NSCA-CPT資格試験合格を目指す全ての人へ

様々な問題を解いてきた筆者が厳選したオリジナル過去問類似問題の第三弾!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

①~③全てを合わせて150問なので、本番に近いボリュームになっています✨

 

最初からまとめてトライしたい人は先にこちらの記事をチェック!

▼『【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集①』▼

スポンサーリンク

NSCA-CPT資格試験-過去問類似問題③(第101問~第150問)

第101問

筋の構成要素において、小さなものから正しく並んでいるものはどれか

a. 筋原線維→筋膜→筋フィラメント→筋線維

b. 筋フィラメント→筋原線維→筋線維→筋線維束

c. 筋線維束→筋線維→筋内膜→筋外膜

第102問

酸化能力が高く、 疲労耐性も高い代わりに、収縮と弛緩の速度が遅い、という特徴を持つ筋線維タイプは次のうちどれか

a. タイプⅠ

b. タイプⅡ a

c. タイプⅡ x

第103問

有酸素性運動中に主に動員される筋線維タイプは次のうちどれか

a. タイプⅠ

b. タイプⅡ a

c. タイプⅡ x

第104問

エクササイズを行うことが本当に楽しいなど、当人の心からの欲求に沿ったものは、次のうちどれに該当する

a. 外発的動機付け

b. 正の強化

c. 内発的動機付け

第105問

次のうち、受動的ウォームアップに該当するものはどれか

a. 暖かいシャワー

b. ジョギング

c. 実際の動作を含む軽い重量でのセット

第106問

バリスティックストレッチングの特徴として誤っているものは次のうちどれか

a. 反動を用いて素早く筋を伸ばす

b. 可動域全体を使って行う

c. 他のストレッチングよりもROM が向上しやすい

第107問

クライアントがバイセップスカールをしている際にトレーナーがするべき適切なアドバイスはどれか

a. 上げる動作では上腕も動かす

b. 上げる動作では上腕は固定する

c. 身体全体を使って持ち上げる

第108問

BMI の数値が28 である場合、肥満の分類は次のうちどれに値するか

a. 体重過多(過体重)

b. 肥満度Ⅰ

c. 肥満度Ⅱ

第109問

ダンベルショルダープレスを行なっているクライアントに対し、最も適切な対応はどれか

a. 補助をする際は手首付近で補助をする

b. 補助をする際は肘を押す形で補助する

c. あまり重たいと危険なため重さを下げる

第110問

体力レベルの低いクライアントが有酸素運動を始める際、最も適切な運動時間は次のうちどれか

a.5 分

b.10 分

c.30 分

第111問

ベンチプレスを行なっているクライアントに対して適切なアドバイスはどれか

a.5 ポイントコンタクトの姿勢を維持しましょう

b. バーベルをおろした時に少し胸で弾ませて勢いをつけましょう

c. グリップはなるべく広く持ちましょう

第112問

ウエイトベルトを着用するべきエクササイズは次のうちどれか

a.1RM バックスクワット

b.1RM ベンチプレス

c.1RM ロープーリー

第113問

クライアントのホームジムで、マシンが故障していることに気づかず、クライアントが使用してケガをした。誰の責任になるか

a. マシン製造者

b. トレーナー

c. クライアント

第114問

ベンチプレスの補助を行うトレーナーについて適切なものはどれか

a. オルタネイティッドグリップで補助をする

b. プロネイティッドグリップで補助をする

c. 落下しないよう常にバーベルを少し触る感じで補助をする

第115問

子どもに禁忌とされるトレーニングは次のうちどれか

a. 全身を使ったサーキットトレーニング

b. 自重によるトレーニング

c. 台を使ったデプスジャンプ

【シナリオ問題】

クライアントは40 歳の女性、喫煙はしていない、最近トレーニングを始めた。

身長150cm、体重60kg、安静時心拍数は75 拍である。

第116問

クライアントのBMI を求めなさい

a.24

b.26

c.30

第117問

クライアントのBMI は次のどれに分類されるか

a. 体重過多

b. 肥満度Ⅰ

c. 肥満度Ⅱ

第118問

運動強度80% でランニングをする時の目標心拍数の設定として最も適切なものは以下のうちどれか

a.145-150 拍

b.155-160 拍

c.160-165 拍

第119問

クライアントの食事を確認したところ、以下のことが分かった。

 タンパク質:100g  脂質:100g  炭水化物:250g

このクライアントに対してするアドバイスとして最も適切なものはどれか

a. 炭水化物を増やして脂質を減らすべき

b. タンパク質を増やして脂質を減らすべき

c. タンパク質を減らして炭水化物を増やすべき

第120問

次のエクササイズのうち、補助者が必要なものはどれか

a. トラセップスプッシュダウン

b. バイセップスカール

c. ライイングトライセップスエクステンション

第121問

ベンチプレスの1RM が70kg の時、4RM では何kg になるか

a.55kg

b.63kg

c.68kg

第122問

摂食障害などの問題があるクライアントに対して最も適切なものどれか

a. 問題について詳しく調べた上で運動を進める

b. 特に問題はないのでいつも通りプログラムを提案する

c. 医師などの専門家に相談する

第123問

次の構成体のなかで大きい順に正しく並んでいるものはどれか

a. 筋→筋線維束→筋線維→筋原線維

b. 筋線維→筋線維束→筋原線維→筋

c. 筋→筋線維→筋線維束→筋原線維

第124問

エクササイズにおけるスティッキングポイントとはなにか

a. 挙上の中間点

b. 最も負荷が軽いところ

c. 最も挙上が困難なところ

第125問

スクワットが嫌いなクライアントがいる。積極的に取り組んでもらうため、スクワットを除いたトレーニングプログラムにした。

これを正しく表したものはどれか

a. 負の強化

b. 正の強化

c. 正の罰

第126問

ジャンプフロムボックスで最も適切な漸進はどれか?

a. 片足で着地する

b. ボックスを高くする

c. アンクルウェイトをつける

第127問

1日の食事の総カロリーが3000kcal のクライアントがいる。その内訳は、脂質は100g、タンパク質は150g、炭水化物は375g だった。

タンパク質によるカロリーは総カロリーのどれくらいを占めるか

a.30%

b.20%

c.25%

第128問

タンパク質は体内で分解されると何になるか

a. グルコース

b. 必須脂肪酸

c. アミノ酸

第129問

妊娠6 ヶ月のクライアントの禁忌となる体位はどれか

a. 仰臥位

b. 側臥位

c. 立位

第130問

デブスジャンプでは償却局面を____することが重要。空欄に入る適切なものはどれか

a. 長く

b. 短く

c. 一定に

第131問

初めてレジスタンストレーニングをする高齢のクライアントの場合最も適切なものはどれか

a.10~15 レップでRM60~75% 程度

b.4~6 レップでRM80~90% 程度

c.6~10 レップでRM80~90% 程度

第132問

有酸素性トレーニングの長期的適応として最も適当なものはどれか

a. 運動単位の動員数の増加

b. エクササイズテクニックの向上

c. 筋の毛細血管密度の増加

第133問

自分が発揮できる力よりも重いものを持つと、腱が切れないように腱の中のセンサーが、筋に力を弱めろと命令を送る。このセンサーの役割を果たすものは次のうちどれかa. ゴルジ腱器官

b. 筋紡錘

c. 末梢神経

第134問

ライイング・トライセプスエクステンションのやり方として最も適切なものはどれか

a. 下ろす動作段階で、肘をゆっくり曲げていき、腕の長さに応じてバーベルを鼻、目、あるいは頭頂に下ろす

b. 上動作中に肘は横に広げる

c. 上げる動作段階で、背中を弓なりに反らす

第135問

ローテーターカフを鍛えるエクササイズとして適切でないものはどれか

a. エクスターナルローテーション

b. バーベルショルダープレス

c. サイドレイズ

第136問

肩甲下筋を鍛えるトレーニングはどれか

a. エクスターナルローテーション

b. インターナルローテーション

c. サイドレイズ

第137問

完全タンパク質の食材はどれか

a. 卵

b. 野菜

c. 豆類

第138問

3 人分として最適なストレッチエリアの広さはどれか

a.13.8 ㎡

b.6.5 ㎡

c.19.4 ㎡

第139問

バックスクワットで下までしゃがむと踵が浮いてしまう。これは、どの関節の柔軟性が足りないからか

a. 膝関節の屈曲

b. 足関節の底屈

c. 足関節の背屈

第140問

自分の体重に対してどれだけの筋力があるかの値を示す言葉として最も適切なものは次のうちどれか

a. 相対的筋力指数

b. 絶対的筋力指数

c. 信頼性筋力

第141問

冠状動脈疾患の危険因子として誤っているものはどれか

a. 肥満:BMI30以上、ウエスト:男性 102cm 女性 88cm

b. 血圧:収縮期140mmHg 以上、拡張期90mmHg 以上

c. HDLコレステロール: HDL60mg 以上

第142問

セミストラドルで主にストレッチされる筋として最も適切なものはどれか

a. 大臀筋

b. 腓腹筋

c. 上腕二頭筋

第143問

腓腹筋, ヒラメ筋を主にストレッチする静的柔軟性エクササイズとして最も適切なものはどれか

a. ウォールストレッチ

b. ハンズ・ビハインドネック

c. プレッツェル

第144問

プライオメトリックトレーニングはとても強度の高いトレーニングであるため、いくつかの基準が設けられている。

次のうち適切でないものはどれか

a. スクワットで自分の体重の1.5 倍ができる

b. ベンチプレスで自分の体重の1.0 倍が挙上できる

c. チンニングが10 回以上できる

第145問

トレーナーが引っ張るなど、クライアントが一人で達成可能な速度より速い速度で走ることによって、ストライド頻度を向上させる方法を何というか

a. アシスティッドスプリント

b. レジスティッドスプリント

c. プライオメトリックス

第146問

バックスクワットを行う際、通常何名の補助者が必要か

a.1 名

b.2 名

c.3 名

第147問

ベントオーバーロウのグリップの握り方をなんというか

a. スピネイティッドグリップ

b. ニュートラルグリップ

c. プロネイティッドグリップ

第148問

エクササイズにおいて、関節が2 つ以上動き、背骨の縦方向に負荷がかかる種目を示す言葉として、次のうち最も適切なものはどれか

a. ストラクチュラルエクササイズ

b. コアエクササイズ

c. パワーエクササイズ

第149問

初級者のクライアントの最大筋力を測りたい。どの程度の負荷で測定するべきか

a.4RM

b.6RM

c.8RM

第150問

チェストプレスの解剖学的面の動きは次のうちどれか
a. 水平面b. 矢状面c. 前額面

 

NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集③-解答&解説編

解答はこちらの記事をご確認ください。

 

本記事のまとめ

今回は、独学でNSCA-CPT資格試験を勉強する人に向けて過去問類似問題をご紹介しました。

何度も繰り返し解いて自分の中にインプットしていきましょう。

解答編も併せてブックマークなどで保存しておいてくださいね!

 

過去問類似問題の前編(第1問~第100問)

▼『【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集①』▼

https://gf-laboratory.com/【独学】nsca-cptに合格するための過去問類似問題集①/

▼『【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集②』▼

https://gf-laboratory.com/【独学】nsca-cptに合格するための過去問類似問題集②/

 

その他のNSCA-CPT対策記事

▼『NSCA-CPTを独学で勉強する方法-丸暗記すべきもの一覧』▼

https://gf-laboratory.com/nsca-cptを独学で合格する方法-丸暗記すべきもの一覧①/

https://gf-laboratory.com/nsca-cptを独学で合格する方法-丸暗記すべきもの一覧②/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました