【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【無料】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集①

試験対策問題集

本記事では、

NSCA-CPT資格試験合格を目指す全ての人へ

厳選された過去問類似問題を無償で提供いたします!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

NSCA-CPT資格試験-過去問類似問題①(第1問~第50問)

第1問

健康評価スクリーニングの方法として正しいものはどれか

a. PAR-Q

b. インフォームドコンセント

c. 免責同意書

第2問

ホームジムに鏡を設置したいクライアントがいる。床から何cm の高さに設置するべきか

a.91cm

b.48cm

c.51cm

第3問

10 段階評価のRPE で「8」は何を示すか

a. きつい

b. ややきつい

c. かなりきつい

第4問

フリーウエイトエリアではオリンピックバーと隣のラックは何cm 離すべきか
a.46cmb.51cmc.91cm

第5問

クライアントのトレーニング中、別の仕事でその場を離れた。戻った時にはクライアントは倒れ、意識を失っていた。

この場合に最も責任を問われるのは誰か

a. トレーナー

b. トレーナーに別の仕事を与えた人

c. クライアント

第6問

ホスファゲン機構のATP 産生が最も大きな割合で貢献するのはどれか

a. 長距離走

b.50m 走

c.400m 走

第7問

マシンの故障に気づかず、クライアントがトレーニング中にケガをした。責任は誰にあるか

a. マシンの製造元

b. トレーナー

c. クライアント

第8問

トレーニング経験の少ないクライアントがベンチプレスの後に行うのは次のうちどれか

a. ケーブルフライ

b. ダンベルプレス

c. ラットプルダウン

第9問

より信頼のできる安静時心拍数の計測時間はどれか

a.8 秒

b.15 秒

c.60 秒

第10問

スーパーセット法の組み合わせでベンチプレスの次のエクササイズとして最も適切なのはどれか

a. ダンベルベンチプレス

b. ペックデック

c. ロープーリー

第11問

次のうち、脂肪燃焼の割合が最も高いのはどれか

a.VO2max の30%

b.VO2max の50%

c.VO2max の70%

第12問

16 歳のクライアントにトレーニング指導をする場合、行うべきことはどれか

a. クライアント本人に契約書にサインしてもらう

b. 医師による許可を先に得る

c. 保護者による承諾を得る

第13問

インターバルトレーニング時の運動と休息の比率はどのくらいか

a. 1:2

b. 1:5

c. 2:1

第14問

運動を行う際に最も適当な気温と湿度はどれか

a. 気温15° 湿度55%

b. 気温22° 湿度65%

c. 気温25° 湿度50%

第15問

ディトレーニングにより起こる筋力の減少の理由のうち、最初に起こるものはどれ

a. 筋量の減少

b. 筋線維の萎縮

c. 神経系の変化

第16問

栄養バランスの目安は次のうちどれか

a. 炭水化物50 〜60% タンパク質15% 脂質25 〜30%

b. 炭水化物30 〜40% タンパク質25% 脂質35 〜45%

c. 炭水化物25 〜30% タンパク質15% 脂質50 〜60%

第17問

肩関節の屈曲、内転、内旋に作用する筋は次のうちどれか

a. 大胸筋

b. 上腕二頭筋

c. 上腕三頭筋

第18問

次の体力測定の項目を順番に並べた時に2 番目にくるテストはどれか

a. アジリティテスト

b. 局所持久力テスト

c. 有酸素能力テスト

第19問

コンパウンドセット法でラットプルダウンの次に行うものとして適切なのは次のうちどれか

a. ロープーリー

b. スクワット

c. ダンベルベンチプレス

第20問

次の体力測定項目のうち2 番目にくるテストはどれか

a. プッシュアップ

b.40m スプリント

c.T テスト

第21問

レジスタンストレーニングによるオーバートレーニングの兆候は次のうちどれか

a. 睡眠障害

b. 食欲増進

c. 筋力増加

第22問

筋収縮の基本的なエネルギー源はどれか

a.Na

b.Mg

c.ATP

第23問

スクワットの1RM が70kg の時、4RM では何kg になるか

a.28kg

b.63kg

c.56kg

第24問

以下のエクササイズで基本的に最初に行うものはどれか

a. パワーエクササイズ

b. 補助エクササイズ

c. コアエクササイズ

第25問

ピッチングに特異的でないエクササイズは次のうちどれか

a. トライセプスプッシュダウン

b. レッグカール

c. プルオーバー

第26問

デクラインベンチプレスで主に鍛えられるのは次のうちどれか

a. 大胸筋上部

b. 三角筋

c. 大胸筋下部

第27問

ダンベルベンチプレスでダンベルを下ろす時の大胸筋の筋活動はどれか

a. コンセントリック

b. アイソメトリック

c. エキセントリック

第28問

筋肥大を目的としたクライアントに適した休息時間はどれか

a.30 秒以下

b.30 秒〜90 秒

c.2 〜5 分

第29問

平泳ぎのストロークにおけるエクササイズ動作は次のうちどれか

a. 前額面

b. 水平面

c. 矢状面

第30問

高齢者のトレーニングについて誤っているものを選べ

a. レジスタンストレーニングによる筋量の増加はない

b. レジスタンストレーニングにより血圧が低くなる可能性がある

c. レジスタンストレーニングによりサルコペニアを抑制する

第31問

ランニングを始める前のウォームアップとして適切なものはどれか

a.50m スプリント

b. ウォーキング

c. 腕立て伏せ

第32問

ウエイトベルトをする理由は次のうちどれか

a. いつもより重たい重量を持てるため

b. 腹腔圧を高めるため

c. 腹腔圧を緩めるため

第33問

プログラムについて、筋力アップを目的とする場合に最も適切なのは次のうちどれか

a.80%1RM 6 回 2 〜5 分の休息

b.70%1RM 10 回 30 秒の休息

c.60%1RM 3 回 2 〜5 分の休息

第34問

次のエクササイズの中で、筋紡錘が役割を発揮するものとして最も適当なものはどれか

a. フロントランジ

b. バックスクワット

c. デプスジャンプ

第35問

次のうち、腓腹筋が最も鍛えられる種目はどれか

a. ブルガリアンスクワット

b. シーティッドカーフレイズ

c. スタンディングカーフレイズ

第36問

4RM が135kg だった場合、1RM の負荷として適切なのはどれか

a.168kg

b.150kg

c.155kg

第37問

プライオメトリクストレーニングで一番最初に行われる筋活動は次のうちどれか

a. 伸張性筋活動

b. 等尺性筋活動

c. 短縮性筋活動

第38問

第二のてこを含むエクササイズはどれか

a. トライセプスエクステンション

b. カーフレイズ

c. バーベルカール

第39問

高齢者のクライアントがトレッドミルを利用している。

目標となる心拍数には達しておらず、10 段階のRPE は7 を示している。この場合にトレーナーがとるべき行動はどれか

a. 強度を上げる

b. 強度を維持する

c. 強度を下げる

第40問

バイセプスカールで拮抗筋とされるのは、次のうちどれか

a. 上腕二頭筋

b. 上腕三頭筋

c. 腕橈骨筋

第41問

健康評価スクリーニングは主にどのような目的で行われるか

a. 冠状動脈の危険因子を見出し、安全に運動に参加させる目的

b. クライアントの体力レベルを把握する目的

c. 運動参加前に医師の許可をすでに得ているか質問する目的

第42問

体力評価の前に行うべきスクリーニングの項目ではないものはどれか

a. ウェイバー

b. PAR – Q

c. インフォームドコンセント

第43問

 脊柱後湾症のクライアントに禁忌となるエクササイズはどれか

a. ラットプルダウン

b. クランチ

c. シーテッドロウ

第44問

スーパーセット法で組まれているエクササイズはどれか

a. ベンチプレス・ペックデック

b. レッグカール・レッグエクステンション

c. ラットプルダウン・ショルダープレス

第45問

体重 90 kg、身長 165 cm、この男性のBMIはどれか

a.35

b.30

c.33

第46問

遅発性筋痛は次のどの筋活動で発生しやすいか

a. エキセントリック筋活動

b. コンセントリック筋活動

c. アイソメトリック筋活動

第47問

シット&リーチテストで評価をしている症状はどれか

a. インピンジメント症候群

b. 腰痛

c. 関節痛

第48問

ローイングマシンの動作について正しいものはどれか

a. 体幹部を固定しできるだけ背面の筋群のみでバーを引く

b. 動作スピードを上げることで強度が増していく

c. 腕は一定の位置で固定したまま行う

第49問

ふらつきのある高齢のクライアントに適切なエクササイズはどれか

a. マシンレッグプレス

b. バックスクワット

c. フロントランジ

第50問

インピンジメント症候群で禁忌となるエクササイズはどれか

a. ショルダープレス

b. バイセップスカール

c. フロントスクワット

 

NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集①-解答編

解答はこちらの記事をご確認ください。

本記事のまとめ

今回は、独学でNSCA-CPT資格試験を勉強する人に向けて過去問類似問題をご紹介しました。

何度も繰り返し解いて自分の中にインプットしていきましょう。

解答編も併せて保存しておいてくださいね!

▼皆様へのお願い(この記事が役に立ったら5分だけください)

<番外編>さらに理解を深めるおすすめの書籍

試験対策はもちろん大切ですが、知識を機械的に覚えるだけでなく、理解を深めていくことは、今後のトレーナーとしての活動に大きく影響してきます。

自己投資として、おすすめの書籍をいくつか紹介しますね!

1.筋肉の使い方・鍛え方パーフェクト事典


筋肉の使い方・鍛え方パーフェクト事典 筋力アップからスポーツ動作の強化まで オールカラー [ 荒川裕志 ]

2.美しいボディラインをつくる女性の筋力トレーニング解剖学


美しいボディラインをつくる女性の筋力トレーニング解剖学 [ フレデリック・ドラヴィエ ]

3.アスリートのための解剖学


アスリートのための解剖学 トレーニングの効果を最大化する身体の科学 [ 大山 卞 圭悟 ]

4.筋力強化の教科書


筋力強化の教科書 [ 石井 直方 ]

 

どれも安い買い物ではないですが、

自身の目標に向けて本を読むことは、消費ではなく投資です!

気になるものがあれば、その熱が冷めないうちに是非一読することをお勧めします(^^)

 

過去問類似問題集の続編(第51問~第150問)

『【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集②』

『【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集③』

その他のNSCA-CPT対策記事

▼NSCA-CPTを独学で勉強する方法-丸暗記すべきもの一覧▼

https://gf-laboratory.com/nsca-cptを独学で合格する方法-丸暗記すべきもの一覧①/

https://gf-laboratory.com/nsca-cptを独学で合格する方法-丸暗記すべきもの一覧②/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました