>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【無料】NSCA-CPTに合格するための対策問題集②-解答&解説

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

    

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【NSCA-CPT】過去問類似問題集②-解答&解説(第51問~第100問)

第51問

解答b

負荷が高すぎてフォームが保てない可能性が考えられるので、負荷を下げる

第52問

解答a

絶対的禁忌とは運動をしてはいけない状態のことを指す

第53問

解答c

目標心拍数

= {(220 – 年齢) – 安静時心拍数} ×運動強度+ 安静時心拍数

=(220-35-70) × 0.7+70=150.5

第54問

解答b

肩の違和感なので、バーの位置が高く、肘が外に開きすぎている可能性を考える。まずはシートの高さを上げてバーを胸の前、適切な位置に持ってくる

第55問

解答b

問題がなければ初回面談時に行う

第56問

解答a

大胸筋が硬いと猫背の原因となりやすい。収縮した状態で固まってしまうのは防ぐべき

第57問

解答c

主働筋:大胸筋・上腕三頭筋 挙上局面において上腕二頭筋は拮抗筋である

第58問

解答b

肘を曲げる動作は避けるべきである

第59問

解答c

肩関節90°外転、体側以上の肩関節伸展はリスクが高いので避ける

第60問

解答c

30.0~34.9 が肥満度Ⅰに分類される。その他の分類も覚えておくこと(参照

第61問

解答a

PNF ストレッチの主な特徴

・収縮、弛緩、ストレッチングのサイクルで行われる

・他のストレッチングよりもROM が向上しやすい

・最も一般的なのはホールドリラックス法

第62問

解答a

クライアントの肌などが直接触れる部分は特に毎日清掃を行う

第63問

解答c

過失請求(義務、義務違反、主因、損傷及び損害)

第64問

解答b

試合間が30 分以内であまり時間がない場合は、ジュースなど吸収の早い糖質にする

第65問

解答a

AED の使用に年齢制限はない

第66問

解答b

筋の横断面積の増加(筋肥大)がおこる。神経系の改善による筋力アップは短期的な適応

第67問

解答c

先に病歴は確認し、運動を安全に行うことができるかどうか確認する

第68問

解答b

何かをもらえて嬉しい=正の強化

第69問

解答a

喫煙だけであれば、危険因子は低いので特に問題ない

第70問

解答b

1 人分のストレッチスペース= 3.7~5.6 ㎡が妥当であり、約4.6 ㎡が最適と考えられる

第71問

解答c

施設内1分半以内に到着できる場所、車いす使用者でも届く高さに設置する

第72問

解答a

最低3.7 m必要となる

第73問

解答a

筋横断面積の増加はレジスタンストレーニングで起こる

第74問

解答a

5 ポイントコンタクトの姿勢を取り、バーは胸の乳頭のあたりに向けてゆっくりと下ろす

第75問

解答a

プッシュアップは局所持久力テストに分類される

※ 1RM ベンチプレス=最大パワー、最大筋力/Tテスト=アジリティテスト

第76問

解答a

プロネイティッド(オーバーハンド)

スピネイティッド(アンダーハンド)

ニュートラル(両手のひらを向かい合わせる持ち手)

第77問

解答c

ガイドラインによると、有資格の成人が監督をすること、環境の安全性を確保することが記載されている。

第78問

解答a

温度と湿度が一定の値を超えた場合に連続的な活動への参加が熱障害の危険性を高める

※気温18.4~22.2℃ , 湿度65.1~72.0%

第79問

解答b

アスリートの一般的な1日のタンパク質推奨摂取量は体重1 kgあたり1.2~2.0 g

第80問

解答a

トレーニング初期に起きる筋力の増加は神経系の改善によるもの

第81問

解答c

インフォームドコンセントとはクライアントに対し、プログラムの実施システムの内容と手順に関する情報が記載された文書。クライアントがいかなるエクササイズに参加する場合でも、インフォームドコンセントは事前に口頭と文書で伝えなければならない。

第82問

解答a

インピンジメントとは肩関節外転時に、痛みや引っかかりを感じ、それ以上に挙上ができなくなる症状の総称

インピンジメントでは肩関節外転時に痛みを感じるので、その動きは避けるべき

第83問

解答c

80kg × 7~10=560~800g

※1日の炭水化物の理想摂取量

1. 一般の方、レジスタンストレーニング(90分以内)を行う人→体重1kg あたり5~6g

2. 90分以上の有酸素運動を行う人→体重1kg あたり7~10g

第84問

解答c

パフォーマンス目標:自己コントロールに関して過程目標と成果目標の間に位置する目標

過程目標:クライアントが確実に自己コントロールできる目標

成果目標:自分自身ではほとんどコントロールできない目標

第85問

解答a

踵が外に向く→内股になりがちであることから、外転筋、臀筋を鍛える

第86問

解答b

効率的に走るには、足の位置が骨盤の真下に着地するのが一番効率がいい

第87問

解答a

解剖学的面については正しく理解しておきましょう

※ハンマーカール→矢状面, ラテラル・ショルダープレス→前額面(参照

第88問

解答b

解剖学的面については正しく理解しておきましょう

※チェストプレス→水平面, ダンベルフライ→水平面(参照

第89問

解答b

同じ大胸筋狙いの種目でありながら、単関節→多関節と行う場合は予備疲労法である

※事前に疲労させておくことでターゲットとなる筋に刺激を与えやすい

第90問

解答c

無酸素性代謝が可能なのは糖質

第91問

解答b

遅筋繊維には酸素を受け取るミオグロビンが多い(赤色)

※ミトコンドリア→色には関係しない, ヘモグロビン→酸素を運んでくる組織

第92問

解答a

プライオメトリックスは身体への負荷が大きく、ケガにつながる可能性があるため、推奨されない

第93問

解答a

動的ストレッチングでは、スポーツや日常動作に特異性が高いものを組み込むため、試合前のウォーミングアップに適している

※静的ストレッチは運動パフォーマンスを低下させてしまうため、運動前には推奨されない

第94問

解答a

妊娠中のクライアントに対しては、トレーナーの感覚で判断するのは避ける。しっかりと対話をしながら確認し、最終的にはクライアント自身の感覚も重要となる

RPE(主観的運動強度)の表を理解しておきましょう

第95問

解答c

皮脂圧から推定した体脂肪率は妥当性があり、適切な訓練を受けたトレーナーによって信頼できる測定が可能

※インピーダンス法→機器があれば誰でも簡単に計測することができる一方で、体内の水分量によって計測値が変わってしまうデメリットがある

第96問

解答c

手幅を狭くすることで上腕三頭筋に効く。手幅を広くすると大胸筋に効く

第97問

解答a

※オーバートレーニングの主な兆候= 筋力増加の減少とその後の停滞・睡眠障害・なかなか治らない風邪・過度の筋肉痛・食欲減退・情緒不安定 など

第98問

解答b

血圧をあげてしまう可能性があるため、高血圧のクライアントにバルサルバ法は禁忌となる

第99問

解答b

ベンチプレスで体重の1.0 倍が挙上できることが望ましい

スクワットは体重の1.5 倍でできることが望ましい

第100問

解答a

下半身のプライオメトリックスでは、着地の際に、足関節、膝関節、股関節を屈曲させる

 

>>超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】

    

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次