>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第7章】解答&解説<パーソナルトレーニングにおける栄養>

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第7章】解答&解説<パーソナルトレーニングにおける栄養>

第1問

解答A

炭水化物50 〜60% タンパク質15% 脂質25 〜30%

第2問

解答B

試合間が30 分以内であまり時間がない場合は、ジュースなど吸収の早い糖質にする。

第3問

解答B

アスリートの一般的な1日のタンパク質推奨摂取量は体重1kgあたり1.2~2.0g

第4問

解答C
80kg × 7~10=560~800g

1日の炭水化物の理想摂取量

  1. 一般の方・レジスタンストレーニング(90分以内)を行う人→体重1kg あたり5~6g
  2. 90分以上の有酸素運動を行う人→体重1kg あたり7~10g

第5問

解答C

タンパク質は体内で分解されるとアミノ酸となる

第6問

解答B

タンパク質1g → 4kcal なので、タンパク質で600kcal を摂取していることになる。

600kcal ÷ 3000kcal=0.2(20%)

第7問

解答A

完全タンパク質には、細胞の形成や筋肉の修復に必要な9 種類の必須アミノ酸が全て含まれている

※牛肉や豚肉などの赤身肉、鶏肉、魚、卵、など

第8問

食事摂取量の目安

タンパク質15%、脂質25~30%、炭水化物50~60%

この食事の場合、タンパク質17%, 脂質39%, 炭水化物43% であるから、脂質を減らして炭水化物を増やすようアドバイスをするのが最も適切である。

割合はそれぞれをkcal に直して計算する。

第9問

解答C

脂質は1g当たり9kcalであるから、4g×9kcal=36kcal

200kcalのうち脂質が36kcalを占めているので、36÷200=18%

第10問

体重×体脂肪率=体脂肪量

この式を使って計算すると

  • トレーニング前の体脂肪量は15kg
  • トレーニング後の体脂肪量は11kg

よって1年間で落ちた脂肪の量は4kgとなる。

【第7章】まとめ

計算問題に必要な知識は確実に抑えておきましょう。

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次