【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第6章】解答&解説<有酸素性持久力トレーニングへの生理学的な応答と適応>

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第6章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

分野別にまとめておりますので、その他の分野もメニューバーからぜひご活用ください!

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておくと便利です。

スポンサーリンク

【第6章】解答&解説<有酸素性持久力トレーニングへの生理学的な応答と適応>

第1問

解答A

有酸素運動を継続して行うことで、心臓から送り出される血液の量(1回拍出量)が増加する。そのため、少ない心拍数でも身体中に十分な血液を送り込めるようになるため、心拍数は減少する。

第2問

解答C

有酸素トレーニングの適応として、ミトコンドリア密度の増加、心拍数の低下が正しい。

第3問

解答B

ミトコンドリア密度は増加する。タイプⅡa線維の横断面積に変化はない。

第4問

解答A

長期的な有酸素トレーニングで最大酸素摂取量は増加する。心臓が筋肥大するため、心拍数は低下する。

第5問

解答B

オーバートレーニングにより、最大酸素摂取量の減少、心拍数の増加、パフォーマンス低下などが見られる。

【第6章】まとめ

PART1エクササイズサイエンスの範囲も残りわずかです。頑張っていきましょう!

▼合わせて読みたい▼

この記事が少しでも役に立った!と思ったらぜひシェアしてくださいね!

ブックマーク・ホーム画面への保存も忘れずにどうぞ(^^)


からだに必要なもの、全部入り。BASE FOOD

コメント

タイトルとURLをコピーしました