>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第5章】解答&解説<レジスタンストレーニングへの適応>

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第5章】解答&解説<レジスタンストレーニングへの適応>

第1問

解答A

男性と女性の力の差は筋量の違い。一定筋量あたりの力発揮能力には性別による影響はない。

第2問

解答C

主な兆候として、睡眠障害、食欲減退、なかなか治らない風邪などが挙げられる。(公式テキストp88)

第3問

解答A

ディトレーニング:トレーニングプログラムを中止した際に起こる筋力の減少(特に、筋量が減少し、神経系の機能の変化が消失する)

第4問

解答C

一定筋量あたりの力発揮能力には性別による影響はない。

第5問

解答B

トレーニング初期の筋力増大は神経系の改善によるもの

第6問

解答C

ATPの絶対量は増加する。(公式テキストp80,表)

第7問

解答B

オーバートレーニングの兆候(公式テキストp88)

第8問

解答A

運動単位の動員数が増加する。(公式テキストp77)

第9問

解答A
トレーニングによる刺激は骨密度を増加させる。骨密度の増加に効果的なのは、スクワットなど脊柱方向に負荷のかかるエクササイズ。

第10問

解答A

骨密度の増加に最も効果的なのは、スクワットやランジなどの脊柱方向に負荷のかかるエクササイズ

【第5章】まとめ

第1章から始まり、ここまでで全50問です。

分からなかった問題は自分で調べてしっかりと知識を身につけておきましょう!

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次