【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第5章】解答&解説<レジスタンストレーニングへの適応>

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第5章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

分野別にまとめておりますので、メニューバーからぜひご活用ください!

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておくと便利です。

スポンサーリンク

【第5章】解答&解説<レジスタンストレーニングへの適応>

第1問

解答A

男性と女性の力の差は筋量の違い。一定筋量あたりの力発揮能力には性別による影響はない。

第2問

解答C

主な兆候として、睡眠障害、食欲減退、なかなか治らない風邪などが挙げられる。(公式テキストp88)

第3問

解答A

 ディトレーニング:トレーニングプログラムを中止した際に起こる筋力の減少(特に、筋量が減少し、神経系の機能の変化が消失する)

第4問

解答C

一定筋量あたりの力発揮能力には性別による影響はない。

第5問

解答B

トレーニング初期の筋力増大は神経系の改善によるもの

第6問

解答C

ATPの絶対量は増加する。(公式テキストp80,表)

第7問

解答B

オーバートレーニングの兆候(公式テキストp88)

第8問

解答A

運動単位の動員数が増加する。(公式テキストp77)

第9問

解答A
トレーニングによる適度な刺激は骨密度を増加させる。骨密度の増加に最も効果的なのは、スクワットなどの脊柱方向に負荷のかかるエクササイズである。

第10問

解答A

骨密度の増加に最も効果的なのは、スクワットやランジなどの脊柱方向に負荷のかかるエクササイズ

【第5章】まとめ

第1章から始まり、ここまでで全50問です。

分からなかった問題は自分で調べてしっかりと知識を身につけておきましょう!

▼合わせて読みたい▼

この記事が少しでも役に立った!と思ったらぜひシェアしてくださいね!

ブックマーク・ホーム画面への保存も忘れずにどうぞ(^^)



コメント

タイトルとURLをコピーしました