>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第3章】NSCA-CPT分野別問題集<生体エネルギー機構>

本記事は、NSCA-CPT攻略を目指す全ての人に向けた分野別問題集です。

分野別にまとめておりますので、ご自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

勉強時にあると便利なもの

スポンサーリンク

目次

【第3章】NSCA-CPT分野別問題集<生体エネルギー機構>

第1問

大きな分子から小さな分子への分解の過程でエネルギーが放出される過程を何というか

A.同化作用

B.異化作用

C.解糖

第2問

ヒトの身体に存在するATP を再合成するための3 つのエネルギー供給機構を答えなさい

第3問

主に炭水化物と脂質を用い、安静時と有酸素性運動中の主要なATP 供給の源となる機構はどれか

A.ホスファゲン機構

B.解糖系

C.酸化機構

第4問

高強度の運動において、ほとんど全てのエネルギー供給はどこからされるか

A.ホスファゲン機構

B.解糖系

C.酸化機構

第5問

トレーニングにおいて、どのエネルギー機構が筋活動のエネルギー供給に用いられるかを決定する最も大きな要因は何か

A.運動強度

B.運動時間

C.運動環境

第6問

乳酸が生まれる原因となるのはどのエネルギー供給系か

A.遅い解糖

B.速い解糖

C.酸化機構

第7問

乳酸塩、または炭水化物以外の物質からのグルコース、グリコーゲンの合成を何という

A.ピルビン酸

B.β酸化

C.糖新生

第8問

長距離のサイクリングなど長時間の運動ではエネルギーはどこから供給されるか

A.ホスファゲン機構

B.解糖系

C.酸化機構

第9問

最も多くのエネルギーを産生できる回路は何か

A.ホスファゲン機構

B.解糖系

C.酸化機構

第10問

全ての運動の開始時にエネルギー供給される機構はどれか

A.ホスファゲン機構

B.解糖系

C.酸化機構

【第3章】まとめ

公式テキストに記載の第3章まとめを引用します。

 様々な運動において、どのようにしてエネルギーが産生されるのか、また、特定のトレーニングによってエネルギー産生がどのように変化するのかを理解することによって、より効率的なトレーニングのプログラムデザインを行うことが可能となる。どのエネルギー機構が筋活動のエネルギー供給に用いられるかは、第1に運動強度、第2に運動時間による。代謝反応とトレーニングに対する適応は、これらの要素(例:運動の強度と時間)によって制御され、運動とトレーニングの代謝特性の基礎を形成する。この特異性の原理は、身体の適応を高め、正確なトレーニングプログラムの実行を通してプログラムの成果をもたらすものとなる。

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版

【第3章】解答&解説

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次