>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第24章】解答&解説【施設と機器の配置およびメンテナンス】

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第24章】解答&解説【施設と機器の配置およびメンテナンス】

第1問

解答A

すべてのパッドやシートは破損のない状態を保ち、毎日消毒、清掃する。(公式テキストp666)

第2問

解答B

プレートが倒れたりして鏡が割れるのを防ぐため、トレーニングルームの鏡は床から51cm以上の高さに設置する。器具からの距離も同様に、鏡が割れないよう、15cm以上離して設置する。

第3問

解答B

オリンピックバーの両端は、隣のバーの端と91cmは離すべき

第4問

解答A

レジスタンストレーニングマシーンは最低でも61cmの間隔を取って配置する。可能であれば91cm以上が望ましい。

第5問

解答B

ストレッチングには一人当たり3.7~5.6㎡のスペースが妥当であり、約4.6㎡が最適(公式テキストp660を参照)

第6問

解答C

ホームジムは機器も少なく、クライアントの数も少ない。そのため、91cmではなく46cmに縮小されることが多い(公式テキストp663を参照)※半分になると覚えておきましょう!

第7問

解答C

レジスタンストレーニングルームの天井の高さは、12〜14フィート(3.7〜4.3m)が望ましい。(公式テキストp655)

第8問

解答C

点検をするべきトレーナーの責任になる。

第9問

解答:利用者スペースの確保と緩衝スペースの確保
利用者スペース:トレーナーの監督能力を向上させ、クライアントがエクササイズを安全に行なうための十分な空間
緩衝スペース:機器間の移動や通路の往来を容易にするための空間

第10問

解答C

施設での推奨温度は22℃~25.26℃,最適湿度は50%以下であり、60%を超えてはならない。(公式テキストp654)

【第24章】まとめ

公式テキストに記載されている数字(機器の配置や間隔など)は欠かさずに覚えておきましょう!

自分でわかりやすくまとめておくのがベストです。

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次