【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第22章】解答&解説【脊髄損傷、多発性硬化症、てんかん、脳性麻痺患者について】

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第22章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

スポンサーリンク

【第22章】解答&解説【脊髄損傷、多発性硬化症、てんかん、脳性麻痺患者について】

第1問

1.解答A

最初はクライアントをうつ伏せに寝かせ、できれば顔も下に向ける。

※応急処置の順序については公式テキストp628を確認する

第2問

2.解答:主観的運動強度(RPE)

※公式テキストp619

第3問

3.解答B

脊髄損傷のクライアントにおける最も一般的なスポーツ障害は、肩、肘、手首などの部位で発生し、オーバーユースによる障害であることが多い。(公式テキストp615)

第4問

4.解答C

バランスとコーディネーションに問題があるため、トレッドミルを利用するエクササイズは、監督下で行うことが推奨される(公式テキストp632)

第5問

5.解答B

特に、症状が進んでいるクライアントの場合、歩行中のエネルギー消費は健常者の2~3倍となる。このため、最大心拍数の60〜75%に負荷を調節する必要がある。(公式テキストp624)

【第22章】まとめ

主要な範囲ではないですが、必要な知識です。焦らず一つ一つ覚えていきましょう。

▼合わせて読みたい▼


コメント

タイトルとURLをコピーしました