>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第22章】解答&解説【脊髄損傷、多発性硬化症、てんかん、脳性麻痺患者について】

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第22章】解答&解説【脊髄損傷、多発性硬化症、てんかん、脳性麻痺患者について】

第1問

解答A

最初はクライアントをうつ伏せに寝かせ、できれば顔も下に向ける。

※応急処置の順序については公式テキストp628を確認する

第2問

解答:主観的運動強度(RPE)

※公式テキストp619

第3問

解答B

脊髄損傷のクライアントにおける最も一般的なスポーツ障害は、肩、肘、手首などの部位で発生し、オーバーユースによる障害であることが多い。(公式テキストp615)

第4問

解答C

バランスとコーディネーションに問題があるため、トレッドミルを利用するエクササイズは、監督下で行うことが推奨される(公式テキストp632)

第5問

解答B

特に、症状が進んでいるクライアントの場合、歩行中のエネルギー消費は健常者の2~3倍となる。このため、最大心拍数の60〜75%に負荷を調節する必要がある。(公式テキストp624)

【第22章】まとめ

主要な範囲ではないですが、必要な知識です。焦らず一つ一つ覚えていきましょう。

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次