【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第21章】解答&解説【整形外科的疾患や傷害を有するクライアントとリハビリテーション】

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第21章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

スポンサーリンク

【第21章】解答&解説【整形外科的疾患や傷害を有するクライアントとリハビリテーション】

第1問

1.解答A

 インピンジメント症候群:肩を上げて行くとある角度で痛みや引っ掛かりを感じ、それ以上挙上できなくなる症状

第2問

2.解答B

インピンジメント症候群の場合、肩を上げて行くと痛みが生じるので、腕を少し下げるようにして行う

第3問

3.解答B

サイドレイズ,肩の外転動作で使用するのは棘上筋(参照

第4問

4.解答A

椎間板ヘルニアとの診断を受けたクライアントは一般的に屈曲は避けることが推奨される(公式テキストp587)

第5問

5.解答A

・股関節を90°以上屈曲しない

・股関節を中間位以上に内転しない

・股関節を内転しない

(公式テキストp603参照)

【第21章】まとめ

怪我とその症状について公式テキストに記載のある範囲はなるべく目を通しましょう!

▼合わせて読みたい▼



コメント

タイトルとURLをコピーしました