>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第20章】解答&解説【心臓血管系疾患および呼吸器系疾患を有するクライアント】

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第20章】解答&解説【心臓血管系疾患および呼吸器系疾患を有するクライアント】

第1問

解答B

高血圧のクライアントにバルサルバ法は禁忌

第2問

解答A

医師が許可するまでエクササイズは始めない

第3問

解答C

ステージ1または2に該当するクライアント(140mmHg以上/90mmHg以上)は医師の許可が下りるまではトレーニングを行うべきではない

第4問

解答
ステージ1の高血圧は(140~159mmHg)/(90~99mmHg)
ステージ2の高血圧は(≧160mmHg)/(≧100mmHg)

※公式テキスト p566の表を参照

第5問

解答A

喘息を有するクライアントに対しては、運動強度のモニター方法として、主観的運動強度と息切れの状態を観察するべきである。(公式テキストp575)

【第20章】まとめ

疾患のあるクライアントは専門家を頼ること、血圧等の数値など基本的なところを押さえておきましょう!

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次