>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第18章】解答&解説【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第18章】解答&解説【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

第1問

解答A

サルコペニア:加齢によって筋量が徐々に減少すること

第2問

解答A

レジスタンストレーニングによって高齢者の筋力・筋量を増加させることは可能である。

第3問

解答:さまざまな種目を(6〜15)レップの(1〜3)セット、週(2〜3)回行う。

※上半身、下半身、体幹とバランスよく鍛えた方が良い

第4問

解答B

瞬発力の低下が最も大きい

※加齢によりタイプⅡ b が萎縮しやすい

第5問

解答B

妊娠3ヶ月以上のクライアントは仰臥位でのトレーニングが禁忌

バルサルバ法はお腹への負担があるため避ける

第6問

解答B

仰臥位でのトレーニングは禁忌

第7問

解答C

6~15レップの1~3セットを行う

第8問

解答A

バランス能力の低いクライアントの場合、マシンを使ったトレーニングから始めるのが安全

第9問

不適切な可能性があったため調整中です。(ご報告ありがとうございます)

第10問

解答C

妊娠3ヶ月以降は仰臥位でのエクササイズは避ける

【第18章】まとめ

この章も非常に大切な知識です。しっかりと理解を深めておきましょう。

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次