【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第18章】解答&解説【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第18章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

スポンサーリンク

【第18章】解答&解説【前青年期の子ども、高齢者、妊婦のクライアント】

第1問

解答A

サルコペニア:加齢によって筋量が徐々に減少すること

第2問

解答A

レジスタンストレーニングによって高齢者の筋力・筋量を増加させることは可能である。

第3問

解答:(軽〜中程度)の負荷で、単関節、多関節種目のさまざまな種目を(6〜15)レップの(1 〜3)セット、週(2 〜3)回行う。

※上半身、下半身、体幹とバランスよく鍛えた方が良い

第4問

解答B

瞬発力の低下が最も大きい

※加齢によりタイプⅡ b が萎縮しやすい

第5問

解答B

妊娠3ヶ月以上のクライアントは仰臥位でのトレーニングが禁忌

バルサルバ法はお腹への負担があるため避ける

第6問

解答B

仰臥位でのトレーニングは禁忌

第7問

解答C

6~15レップの1~3セットを行う

第8問

解答A

バランス能力の低いクライアントの場合、最も安定して行えるマシーンウエイトから始めるのが適切

第9問

解答C

レジスタンストレーニングによって骨密度は増加する

第10問

解答C

妊娠3ヶ月以降は仰臥位でのエクササイズは避ける

【第18章】まとめ

実際のパーソナルトレーニングの現場では非常に大切な知識です。しっかりと理解を深めておきましょう。

▼合わせて読みたい▼


コメント

タイトルとURLをコピーしました