【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第17章】解答&解説【プライオメトリックトレーニングとスピードトレーニング】

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第17章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

スポンサーリンク

【第17章】解答&解説【プライオメトリックトレーニングとスピードトレーニング】

第1問

解答C

固すぎず柔らかすぎない場所で行う。芝生やラバーマットなどが適切。

第2問

解答:伸張反射や弾性

プライオメトリックトレーニングは、筋のパワーを高めるために、連続ジャンプなどの反復動作を行うトレーニングである。このトレーニングでは、筋の伸張反射や腱の弾性を上手く使う

第3問

解答A

償却局面:短縮性局面と伸張性局面の間の時間

償却局面はできるだけ短くする。筋の伸張反射や腱の弾性を上手く使う。

第4問

解答C

<プライオメトリックトレーニングを行う際の推奨事項>

・スクワットで自分の体重の1.5倍ができる

・ベンチプレスで自分の体重の1.0倍が挙上できる

・5回連続でクラッププッシュアップを行える

(公式テキストp451)

第5問

解答A

ボックスは頑丈で表面が滑りにくく、側面の全て塞がっているものを用いる。

第6問

解答A

アシスティッドスプリント:トレーナーが引っ張るなど、クライアントが一人で達成可能な速度より速い速度で走ることによって、ストライド頻度を向上させる方法

第7問

解答B

レジスティッドスプリント:砂や水を背負って走るなど、支持期において地面への力発揮を増加させることによってストライド長とスピード筋力を向上させる方法

第8問

解答B

かかとではなく、主に母指球で体重を支える

肩は膝の真上にあるようにする

足関節、膝関節、股関節を屈曲し、足はほぼ肩幅に開く

第9問

解答A

強度を高めるためには、頭の後ろで手を組むかボックスを高くする。反動動作の沈み込みが深すぎるのは一般的な誤り。

第10問

解答C

上昇動作では、接地した瞬間にできるだけ高くジャンプする

【第17章】まとめ

公式テキストp471以降の『プライオメトリックドリルとスピードドリル』は写真付きで解説がありますので必ず確認しておきましょう!

▼合わせて読みたい▼



コメント

タイトルとURLをコピーしました