【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第13章】NSCA-CPT分野別問題集【レジスタンストレーニングのエクササイズテクニック】

分野別問題集

本記事は、NSCA-CPT分野別問題集【第13章】です。【第1章】はこちら

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておくと便利です!

解答&解説はこちら

スポンサーリンク

【第13章】NSCA-CPT分野別問題集【レジスタンストレーニングのエクササイズテクニック】

第1問

手のひらが下、手の甲が上になるグリップを何という

A.プロネイティッドグリップ

B.スピネイティッドグリップ

C.オルタネイティッドグリップ

第2問

親指をバーに巻きつけるのではなく、人差し指の横に添えるグリップをなんというか

A.オープングリップ

B.クローズドグリップ

C.ニュートラルグリップ

第3問

仰臥位で行われるエクササイズにおいて5 ポイントコンタクトとはどこがシートに触れる状態か

第4問

バックスクワットでは通常何名の補助者が必要か

A.1名

B.2名

C.3名

第5問

次のうち、補助者が必要な種目はどれか

A.サイドレイズ

B.ライイングトライセプスエクステンション

C.シーティッドロウ

第6問

シーティッドロウのグリップの握り方をなんというか

A.プロネイティッド

B.スピネイティッド

C.ニュートラル

第7問

ラットプルダウンを行う際、バーはどこに向かって引くか

A.鎖骨

B.胸部

C.みぞおち

第8問

ロープーリーシーティッドロウは持ち手をどこに向かって引くか

A.鎖骨

B.下腹部

C.みぞおち

第9問

レッグエクステンションマシーンのローラーパッドはどこに当てるか

A.ふくらはぎ

B.足首(足の甲)

C.つま先

第10問

レッグカールマシーンの回転軸はどこか

A.股関節

B.膝関節

C.肩関節

第11問

アップライトロウのスタンスとグリップ幅を答えなさい

第12問

バックスクワットを行う際のスタンスとつま先の向きを答えなさい

第13問

レッグエクステンションの主働筋はどれか

A.大腿四頭筋

B.ハムストリングス

C.大殿筋

第14問

ペックデックの主働筋はどれか

A.大胸筋

B.腓腹筋

C.大殿筋

第15問

ウエイトベルトを着用するのに最も適切なのは次のうちどれか

A.3RMベンチプレス

B.1RMスクワット

C.バイセップスカール

【第13章】まとめ

公式テキストより引用

 パーソナルトレーナーはクライアントに対し、エクササイズの効果を最大のものとするために適切なレジスタンストレーニングのテクニックを指導し、かつ最も安全なトレーニング環境を提供する責務を負う。それにはエクササイズの方法だけでなく、適切な呼吸法、ウエイトベルトの使用法に関する指導も含まれる。更にパーソナルトレーナーはレジスタンストレーニングのエクササイズ中、クライアントをいつ、どのように補助するのか、またエクササイズテクニックの誤りをいかに見つけ、それを修正していくかということも知っておかなければならない。

パーソナルトレーナーならば、本章に記述されているエクササイズを熟知しているべきである。また、ここで挙げたエクササイズテクニック及び補助のバリエーションに関する説明や写真がすべてではないということも知っておくべきである。後のページにおけるチェックリストは、レジスタンストレーニングのエクササイズテクニックのための最も一般的に受け入れられているガイドラインである。〔7,8,24〕。補足的なガイドラインに関しては、参考文献の1~4、6、9~18、20、23を参照するとよい。

(NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版)

実践的なトレーニングの基本となる本章。

トレーニング習慣のある人であればさほど問題はないかもしれませんが、トレーニング経験がなく、ゼロから勉強をしていくという人にとっては、最も重要な章の一つでしょう。

基本的なトレーニング種目は抑えておきましょう。

▼合わせて読みたい▼

【第13章】解答&解説

▼解答&解説はこちら▼

https://gf-laboratory.com/【第13章】解答&解説【レジスタンストレーニング/

また、HOME上部のメニューより、NSCA-CPT→分野別問題集-解答&解説をクリックすると、解答&解説の一覧がご確認いただけます。(モバイル版をご利用の方は下部のメニューバーよりご確認ください)


コメント

タイトルとURLをコピーしました