【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第11章】解答&解説<体力テスト法と評価基準>

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第11章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

▼問題がまだの方はこちらから▼

ブックマークやホーム画面への保存も便利です!

スポンサーリンク

【第11章】解答&解説<体力テスト法と評価基準>

第1問

解答 体力テスト項目の順序

1. 安静時テスト

2. 非疲労性テスト

3. アジリティテスト

4. 最大パワー、最大筋力

5. スプリントテスト

6. 局所持久力テスト

7. 無酸素性テスト

8. 有酸素能力テスト

※実施される順番とともに、代表的な具体例も覚えておくこと

第2問

解答B

血圧、身長などは非疲労性テストに分類される。

第3問

解答A

Tテストはアジリティテストに分類される。

第4問

解答B

T テストはアジリティテスト、40mスプリントはスプリントテスト、プッシュアップは局所持久力テストに分類される

第5問

第6問

解答A

クライアントの膝を90°曲げてベンチに乗せる。内側を垂直につまむ(問5参照)

第7問

解答A

公式テキストに掲載されている基本的なテストがどのようなものかしっかりと理解しておきましょう。

第8問

解答B

公式テキストに掲載されている基本的なテストがどのようなものかしっかりと理解しておきましょう。

第9問

解答B

相対的筋力指数:体重1kgあたりの筋力のこと

第10問

解答C

持ち上げた重さを体重で割るので、60kg÷40kg=1.5kg

※体重1kgあたり1.5kg持てるということ

【第11章】まとめ

体力テスト項目は問われることが多いのでしっかりと理解した上で先に進みましょう。

これでPART2初回面談と評価が終わりになります。お疲れ様でした!

どのくらいの人が利用しているかはこちらで把握できますが、第1章からここまで続けている人は本当に僅かです👏 自分に自信を持って進めていきましょう!

▼皆様にお願い(寝る前に5分だけ時間をください)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました