>>【2/28まで】超効率的なNSCA-CPT学習方法【ヒント:スキマ時間】こちらをクリック

【第1章】解答&解説<筋系,神経系,骨格系,の構造と機能>

本記事は、こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は、先に上の記事を確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

目次

【第1章】解答&解説

第1問

解答A

・アクチン(細い)

・ミオシン(太い)

第2問

解答B

筋の構成要素については覚えておくこと(参照

第3問

解答A

第2問と同様に覚えておく。筋→筋線維束→筋線維→筋原線維の順

第4問

解答A

損傷を予防するため、筋に力を弱めろと命令を送る腱の中のセンサーはゴルジ腱器官である。(参照

※筋紡錘は筋の伸び縮みを監視するセンサー

第5問

解答C

筋紡錘とゴルジ腱器官はトレーニングにおいて特に重要な感覚器官である(公式テキストp10)

第6問

解答B

サイズの原理:タイプⅠ線維→タイプⅡa線維→タイプⅡx線維の順

第7問

解答B

異なる表記に惑わされないようにしっかり覚えておきましょう。

中程度の酸化的能力と無酸素性能力を持つ筋繊維タイプは、タイプⅡa線維(FOG線維)です。

※タイプⅠ線維(SO線維),タイプⅡa線維(FOG線維),タイプⅡx線維(FG線維)

第8問

解答A

神経系の最も基本的な単位は神経細胞(ニューロン)である。(公式テキストp9)

※こちらも画像として覚えておきましょう(参照

第9問

解答C

体性神経系は骨格筋の活動をつかさどる。(公式テキストp9)

第10問

解答A

 ミトコンドリアはATPを産生する。

【第1章】まとめ

基礎的な知識となる第1章。しっかりと理解して先に進みましょう!

NSCA-CPT関連記事一覧

制作について
  • パーソナルトレーナーに必要とされる普遍的な知識をもとに制作をしています。
  • 著作権には十分注意をし、いずれの著作物にも「依拠」しない制作を心がけております。
  • 適切でない表現がある場合はお問い合わせフォームよりご報告をお願いいたします。該当する問題の削除,修正など、即対応をさせていただきます。
  • NSCA公式テキストの購入を妨げる意思・内容はありません。ぜひ公式テキストはお手元にご用意ください。

学びの輪を広げよう!
お友達や同僚にもクチコミで広めてくれたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次