【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【第1章】解答&解説<筋系,神経系,骨格系,の構造と機能>

分野別問題集-解答&解説

本記事は、【第1章】NSCA-CPT分野別問題集解答&解説です。

問題がまだの方はこちら

分野別にまとめておりますので、自身にあったペースで勉強を進めていきましょう!

ブックマークやホーム画面に保存していつでも確認できるようにしておくと便利です。

スポンサーリンク

【第1章】解答&解説

第1問

解答A

・アクチン(細い)

・ミオシン(太い)

第2問

解答B

筋の構成要素については覚えておくこと(参照

第3問

解答A

第2問と同様に覚えておく。筋→筋線維束→筋線維→筋原線維の順

第4問

解答A

腱が切れないように筋に力を弱めろと命令を送る腱の中のセンサーはゴルジ腱器官である。(参照

※筋紡錘は筋の伸び縮みを監視するセンサー

第5問

解答C

筋紡錘とゴルジ腱器官はトレーニングにおいて特に重要な感覚器官である(公式テキストp10)

第6問

解答B

サイズの原理:タイプⅠ線維→タイプⅡa線維→タイプⅡx線維の順

第7問

解答B

異なる表記に惑わされないようにしっかり覚えておきましょう。

中程度の酸化的能力と無酸素性能力を持つ筋繊維タイプは、タイプⅡa線維(FOG線維)です。

※タイプⅠ線維(SO線維),タイプⅡa線維(FOG線維),タイプⅡx線維(FG線維)

第8問

解答A

神経系の最も基本的な単位は神経細胞(ニューロン)である。(公式テキストp9)

※こちらも画像として覚えておきましょう(参照

第9問

解答C

体性神経系は骨格筋の活動をつかさどる。(公式テキストp9)

第10問

解答A

 ミトコンドリアはATPを産生する。

【第1章】まとめ

基礎的な知識となる第1章。しっかりと理解して先に進みましょう!

▼第1章の暗記項目についてはこちらの記事をご確認ください▼

この記事が少しでも役に立った!と思ったらぜひシェアしてくださいね!

ブックマーク・ホーム画面への保存も忘れずに(^^)

ご利用上の注意

本記事の内容の無断転載・販売(メルカリ等)はご遠慮ください。

より多くの方に、平等にご利用いただけるよう皆様ご協力の程よろしくお願いいたします。


▼合わせて読みたい▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました