【初めての方へ】最初に読んでね▶︎”NSCA-CPT試験対策”

【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集①-解答&解説

試験対策問題集-解答&解説

本記事は、

こちらの記事に対応する解答&解説編です。

まだ問題を解いていない人は先に上の記事から確認してみてください!

覚えた知識を様々なパターンで活用できるよう、何度も繰り返しトライしていきましょう。

スポンサーリンク

【NSCA-CPT】過去問類似問題集①-解答&解説(第1問~第50問)

第1問

解答a

健康評価スクリーニングの方法は、PAR-Q と、健康/ 医療質問票の2 つの書式が使用される

第2問

解答c

重りがぶつからないよう鏡は床から51cm 離す

第3問

解答c
10 段階のRPE では8 は「かなりきつい」を示す※ 6 →「ややきつい」,7 →「きつい」

第4問

解答c
安全性を確保するため、距離をとり、91cm 離すべきである

第5問

解答a

トレーナーにはクライアントを監督する義務がある

第6問

解答b

50m ダッシュではホスファゲン機構、無酸素の割合が高い

第7問

解答b

トレーナーはマシンのメンテナンスをする義務がある

第8問

解答c

初心者は一つの部位を一つのエクササイズで鍛えることが基本

第9問

解答c

誤差を少なくするため、計測時間は長めのものを用いる

第10問

解答c

スーパーセット法は主働筋と拮抗筋を交互に鍛える

第11問

解答a

運動強度が高くなると、無酸素系が動員されるため、割合的には脂肪よりも糖質が多く分解される

第12問

解答c

18 歳未満のクライアントに対して指導する場合は保護者の承諾が必要

第13問

解答a

インターバル時の運動と休息比は1:1 〜1:3 にすると効果的

第14問

解答c

最適な気温は22°〜25°で湿度は50% 以下が望ましい

第15問

解答c

トレーニングをやめて最初に起こるのは神経系の変化による筋力の減少

第16問

解答a

炭水化物50 〜60% タンパク質15% 脂質25 〜30%

第17問

解答a

大胸筋が肩関節の屈曲、内転、内旋に作用する

第18問

解答b

アジリティテスト→局所持久力テスト→有酸素能力テストの順

※体力テスト項目の順番

1. 安静時テスト 2. 非疲労性テスト

3. アジリティテスト 4. 最大パワー、最大筋力

5. スプリントテスト 6. 局所持久力テスト

7. 無酸素性テスト 8. 有酸素能力テスト

第19問

解答a

コンパウンドセットは異なる種目で同じ筋を連続で鍛えるセット法

第20問

解答b
T テストはアジリティテスト、40m スプリントはスプリントテスト、プッシュアップは局所持久力テストに分類される※体力テスト項目の順番を参照

第21問

解答a

主な兆候として、筋力増加の減少とその後の停滞・睡眠障害・なかなか治らない風邪・過度の筋肉痛・食欲減退・情緒不安定などがある

第22問

解答c

エネルギー源はATP(アデノシン3 リン酸)

第23問

解答b
70kg の90% 70 × 0.9=63kg※ RM の計算についての表は覚えておく(問121参照)

第24問

解答a

集中を欠いた際に怪我の危険性の高いパワーエクササイズから行う、後にすると筋肉が疲労して重りが持てなくなる

第25問

解答b

レッグカールは肩・肘関節の屈曲・伸展動作に関係がない

第26問

解答c

デクラインベンチプレスでは大胸筋下部が鍛えられる

第27問

解答c

ベンチプレスでダンベルを挙げるときはコンセントリック、下ろすときはエキセントリックと筋活動となる

第28問

解答b

筋肥大を目的とした場合は30 〜90 秒の休息時間

目的に応じたプログラムは覚えておくこと

第29問

解答a

肩の前額面での動きになる

第30問

解答a

高齢者でもレジスタンストレーニングを行うことで筋量は増加する

第31問

解答b

ランニングに近い動きで強度を下げて行う

第32問

解答b

ウエイトベルトをすることで腹腔圧を高め、腰部のケガを防ぐ

ウエイトベルトをしていない場合、腹筋に力を入れろと言われるのも同様の効果

第33問

解答a

筋力アップするには、負荷80% 以上、レップ数6 回以下、セット数3 回以上、休息時間2 〜5 分

※目的に応じたプログラムは表で覚えておくこと

第34問

解答c

筋紡錘は筋の急激な伸張に対する反応として筋を収縮させる(伸張反射)

第35問

解答c

腓腹筋が最も鍛えられる→スタンディングカーフレイズ

ヒラメ筋が最も鍛えられる→シーティッドカーフレイズ

※腓腹筋は膝が曲がった状態では作用しにくい

第36問

解答b

4RM は90%の重さなので 135 ÷ 0.9=150 1RM=150kg

第37問

解答a

プライオメトリクスでは伸張性→短縮性→等尺性の順

第38問

解答b

第二のてこは主にカーフレイズなどがあげられる

第39問

解答c

高齢者の場合はRPE が6 を超えたら運動強度を下げるべきである

第40問

解答b

主働筋は上腕二頭筋になるため、拮抗筋は上腕三頭筋

第41問

解答a

健康評価スクリーニングでは、医師の診断なしに安全に運動参加が可能か調べるために行う

第42問

解答a

体力評価の前に行うべき→ PAR – Q、健康/ 医療質問票、インフォームドコンセント

第43問

解答b

後湾姿勢が強くなるエクササイズは禁忌となる

第44問

解答b

主働筋と拮抗筋の組み合わせを選ぶ

第45問

解答c

BMI=体重÷(身長×身長)→ 90 ÷(1.65 × 1.65)= 33

第46問

解答a

遅発性筋痛はエキセントリック筋活動で最も引き起こされやすい

第47問

解答b

股関節と下背部の柔軟性を測定、腰痛のリスクを評価する

第48問

解答b

全身を連動させて行う。動作のスピードと強度は比例する

第49問

解答a

ふらつきのあるクライアントの場合は比較的安全なマシントレーニングから始める

第50問

解答a

頭上での内旋、負荷のかかる動作や種目は禁忌

本記事のまとめ

今回は、独学でNSCA-CPT合格を目指す方に向けて、

オリジナルの過去問類似問題/第1問~第50問の解答&解説をご紹介しました。

 

何度も繰り返し解いて力を知識を定着させていきましょう!

是非ブックマークなどに保存してください!

 

▼皆様へのお願い(この記事が少しでも役に立ったら5分だけください)

過去問類似問題の続編(第51問~第100問)

▼【独学】NSCA-CPTに合格するための過去問類似問題集②▼

https://gf-laboratory.com/【独学】nsca-cptに合格するための過去問類似問題集②/

ご利用上の注意

本記事は独学でNSCA-CPT合格を目指す全ての人に向けた問題集です。

より多くの方へ平等にお届けする為、無断での転載・販売などはご遠慮ください。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

ご自身でのノートへの書き写しなどはもちろん大丈夫ですよ👏

コメント

タイトルとURLをコピーしました